@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

櫓太鼓【やぐらだいこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

櫓太鼓
やぐらだいこ
相撲や芝居興行場を建て,その上で開場閉場などを知らせるために打つ太鼓のこと。江戸時代の末期には相撲の櫓の高さは約 16mと規定され,高櫓から打出す太鼓の音は江戸市中に伝わり,興行盛況をつくりだす重要な宣伝手段であった。櫓太鼓の打ち方には,伝達の内容によって寄せ太鼓,はね太鼓などさまざまの変化があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やぐら‐だいこ【×櫓太鼓】
相撲場または昔の劇場で、開場や閉場を知らせるためにの上で打つ太鼓。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やぐらだいこ【櫓太鼓】
相撲興行などがあるとき,客寄せのために櫓をたて,その上で打つ太鼓のこと。慶長期(1596‐1615)の絵画に,相撲,,歌舞伎興行のとき,興行場の木戸口の上に櫓をたてているのが見えるが,江戸時代初期には,櫓は公許興行のあかしとして設けられ,興行することを〈やぐらをあげる〉ともいった。寛文~元禄期(1661‐1704)のころには櫓にやり,突棒(つくぼう),刺股(さすまた),袖搦(そでがらみ)などの武器を外に向けて飾りたてた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やぐらだいこ【櫓太鼓】
相撲場の櫓の上で、開場や閉場を知らせるために打つ太鼓。昔は、歌舞伎劇場でも打った。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

櫓太鼓
やぐらだいこ
相撲(すもう)場に建てられる高さ約16メートルの櫓の上に置かれる太鼓。江戸時代は報道機関がないため、太鼓をたたき相撲興行を市中に知らせた。また、力士の場所入りの時間を報知するため、早朝から一番太鼓・二番太鼓と階級別に知らせたが、いまは客をよぶ「寄せ太鼓」、その日の興行が終わった「はね太鼓」など、違った太鼓の打ち方をする。[池田雅雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

櫓太鼓
(通称)
やぐらだいこ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
敵討櫓太鼓
初演
文政4.5(江戸・河原崎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

櫓太鼓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

櫓太鼓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation