@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【やぐら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


やぐら
(1) 武家屋敷城郭要所に設けられた,監視あるいは司令所で,戦闘に必要な武器庫でもあった。 (2) 転じて江戸時代の劇場正面に高く設けられた炬燵 (こたつ) 櫓のような構造物。興行官許として劇場に設けられた。官許を得て興行を始めることを「櫓をあげる」といった。櫓には五奉行をかたどった5本の毛槍を横たえ大幣束を立て,興行主のを染め抜いたを張りめぐらした。開閉場を知らせる太鼓をこの上で打鳴らしたが,これを櫓太鼓といい,相撲興行でも用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


艪とも書く。和船に付属する人力用の推進用具。腕部と脚部の接続した長さ5~6mの木製で,腕部には柄 (つか) をつけ,脚部には入子をつけ,船側や船尾にある櫓臍に入子をはめ,柄はで船床につなぐ。腕部を前方に押し,手元に引くと,脚部は水中で螺旋推進器のような作用をして船を進める。櫓は推進具であるとともに,舵の役割も果す。使用する櫓の数は,その船の大きさによって異なる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

や‐ぐら【×櫓/矢倉】
武器を入れておく倉庫。矢の倉。兵庫。
城門や城壁の上につくった一段高い建物。敵状の偵察や射撃のための高楼。

㋐木材や鉄骨などを用いて組み立てた高い構築物。「火の見―」
㋑祭礼・盆踊りなどで、一段高くつくって太鼓や笛を演奏したり、歌をうたったりする構造物。
歌舞伎人形浄瑠璃などの劇場で、官許の標識として正面入り口の上に造られた構造物。三方に幕を張り、5本の毛槍を横たえ、梵天(ぼんてん)を立てる。
㋓相撲場で、太鼓を打つための高い場所。
炬燵(こたつ)の、布団を掛けるための四角い枠。炬燵櫓。
戦国時代から近世の軍船に敷設された展望台。大船は船首・中央・船尾の3か所に設けた。安宅船(あたけぶね)関船などの大型軍船は総櫓といい、船首から船尾まで通す独特の形式に発達した。また、荷船で船体後半に設ける屋形のこと。
櫓投げ」の略。
矢倉囲い」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろ【×櫓/×艪】
和船をこぎ進める用具の一。ふつう水をかく脚部と手で握る腕部とを、への字形に継いである。脚部にあけた入れ子の穴を、船尾に取り付けた櫓杭(ろぐい)にはめて支点とし、腕部につけた櫓杆(ろづく)とよぶ突起と船床とを早緒(はやお)で結び、押し引きして水をかき、推進させる。「―をこぐ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろ【櫓】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ロ(漢) [訓]やぐら
船を操る太い棒。ろ。「櫓拍子
物見やぐら。「櫓上」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やぐら【櫓】
一般には材木を組み上げた高い足代のことをいう。矢倉とも書き,《日本書紀》大化1年(645)に〈兵庫(やぐら)を起造りて,国郡のたち(よろい)弓矢を収め聚め〉とあり,これは矢倉すなわち武器庫の意味であろう。また《続日本紀》宝亀8年(777)条に,恵美押勝邸宅に櫓を設けた記事がある。鎌倉時代の《一遍聖絵》には,武士の館の上に櫓がみられ,城や館の門の上や内側につくり,外側を盾板で囲い,敵を監視したり攻撃するのに使われたことがわかる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ろ【櫓】
和船に使われる人力による推進用器具。櫓の構造は図のように櫓脚と櫓腕からなり,櫓脚には入子(いれこ)が,櫓腕には櫓柄がついている。側につけた櫓べそに入子をはめ,ここを支点にして櫓を操る。こぎ手は横向きになり櫓腕を前後に動かすが,このとき押すときと引くときで手首をかえし,水の中の櫓脚の角度を図の右上方に示すようにすると,飛行機の翼と同じ原理揚力が発生し,その方向は押すときも引くときも前下方へ向く。この揚力の前方への成分が舟の推進力となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

櫓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation