@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

櫛形【くしがた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

櫛形
くしがた
山梨県,甲府盆地西部にある地域。旧町名。釜無川に注ぐ御勅使 (みだい) 川や滝沢川などの扇状地を占める。 1954年小笠原町と榊村,野之瀬村が合体し成立。 1960年豊村を編入。 2003年に八田村,芦安村,白根,若草,甲西の各町と合併し南アルプス市となった。乏水地にあるため,かつては養蚕が主産業で,武田氏時代から行商に出る者が多かった。大正時代末から園芸農業が興り,近年ではモモ栽培が盛ん。そのほかメリヤスなどの繊維工業や機械工業も立地。西端の櫛形山南アルプス巨摩県立自然公園の中心地。国道 52号線が通る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くし‐がた【×櫛形】
櫛のように、下部が水平で上部にゆるやかな丸みをもった山形。また、そのもの。
茶室などの壁に設ける、山形の出入り口。
木材にらせん状の溝を切り込むのに用いる鉋(かんな)一種の歯状になっている。
折烏帽子(おりえぼし)の前面上部のまねきの下の半円形の部分。
櫛形窓」の
櫛形の穴」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

櫛形
くしがた

山梨県西部、中巨摩郡(なかこまぐん)にあった旧町名(櫛形町(まち))。現在は南アルプス市の南部を占める一地区。1954年(昭和29)小笠原(おがさわら)町と榊(さかき)、野之瀬(ののせ)の2村が合併して成立。櫛形山の東麓(とうろく)部を占めるところから櫛形と名づけられた。1960年豊(ゆたか)村を編入。2003年(平成15)白根(しらね)、甲西(こうさい)、若草3町および八田(はった)、芦安(あしやす)2村と合併し、市制施行して南アルプス市となる。旧櫛形町地区は、国道52号が走り、櫛形山山麓部とその東に広がる滝沢川、市之瀬川などのつくった扇状地上にある。第二次世界大戦前から戦後の昭和30年代前半までは、養蚕を主体とする農村であったが、その後果樹栽培へ切り替えられ、モモ、スモモが主として栽培されている。工業も盛んで、機械、繊維、化学など戦後に誘致された工場もあり、中心市街地である身延(みのぶ)街道沿いの小笠原の町並みは、にぎわいをみせている。人造湖の北伊奈ヶ湖(いながこ)や南伊奈ヶ湖があり、湖畔はキャンプ場となっている。

[横田忠夫]

『『櫛形町誌』2冊(1966・櫛形町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くし‐がた【櫛形】
〘名〙
① 櫛の形をしたもの。櫛の背のように弓なりの形をしたもの。上部が半円に満たない丸みを帯びた形。
※四河入海(17C前)一「桃翁の心ならば〈略〉くしかたのなりにして、其に簾なんどをかくるを云べきぞ」
② 特に朝廷の重要儀式の時用いる冠の部分の名称。
※延喜式(927)一九「其礼冠者、親王四品已上並漆地金装、以水精三顆、琥碧三顆、青玉五顆、交居冠頂。以白玉八顆、立櫛形上
※禁秘鈔(1221)上「鬼間 二間格子也。〈略〉櫛形者北障子際柱夾有二」
④ 木材に螺旋(らせん)を切り込むのに用いる刃物。
⑤ 甲冑(かっちゅう)の部分の名。袖の冠の板の別名。
⑥ 馬の鞍の部分の名。〔大坪道禅鞍鐙事記(1437)〕
⑦ 折烏帽子の部分の名。
※幸若・烏帽子折(室町末‐近世初)「此くゎじゃがきうする烏帽子は、〈略〉くしがたをいがいがと一ためためて、左へ折てたび給へ」
⑧ (「くしがた(櫛形)の制札(せいさつ)」の略) 櫛形の板に定めや命令を書いた札。
※雑俳・柳多留‐九九(1828)「櫛形に御無理は毛筋程もなし」
⑨ 香道の火道具の一つ。灰を押えたり、かき上げたりするのに用いる①の形のもの。
⑩ 畳付きの駒下駄の一種の名。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉中「男物には堂島・両抉(りゃうぐり)・櫛形(クシガタ)行はる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

櫛形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

櫛形の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation