@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

櫛田川【くしだがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

櫛田川
くしだがわ
三重県中部の川。高見山地に発し,ほぼ東流したのち下流部で北に転じ,松阪市北東部で伊勢湾に注ぐ。全長 85km。流域面積 461km2。上流から中流にかけては,西南日本を内帯と外帯に分かつ中央構造線に沿い,谷には断層地形がみられる。江戸時代には水運が栄え,沿岸には和歌山街道が通じるなど,交通路として重要であった。在は国道 166号線がこれに沿う。上流には香肌峡があり,付近一帯は香肌峡県立自然公園に属する。中流まではアユ,ヤマメの釣り場。流域は豊かな林業地帯。下流域は伊勢平野の農業地帯となる。河口付近にはノリ漁場がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くしだ‐がわ〔‐がは〕【櫛田川】
三重県中部を流れる川。三重・奈良両県の県境にある高見山付近にを発し、東流して松阪市東部で伊勢湾に注ぐ。長さ約85キロ。下流は伊勢平野で、米作地帯。最上流部は室生(むろう)赤目青山国定公園に属する。名は、倭姫命(やまとひめのみこと)がこの地でを落としたという伝説にちなむ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くしだがわ【櫛田川】
三重県中部を流れる川。三重・奈良県境,紀伊山地の高見山(1249m)に源を発してほぼ東流後,北流して松阪市東部で伊勢湾にそそぐ。幹川流路延長85km,全流域面積461km2。ほぼ川に沿って和歌山街道(現,国道166号線)が通り,紀伊半島を横断する交通路として紀州藩主の参勤交代路などに利用された。上・中流の河道は西南日本を外帯と内帯に区分する中央構造線にほぼ沿い,両岸には河岸段丘がよく発達している。上流は渓谷美を中心とする香肌峡(かはだきよう)県立自然公園の景勝地であり,林業を生業とする山林地域である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

櫛田川
くしだがわ

三重県の中央部をほぼ東流して伊勢(いせ)湾に注ぐ川。一級河川。奈良県境の高見山地西部や台高山脈(だいこうさんみゃく)北部を源流として東に向かって流れ、伊勢平野に流入してからは向きを北東に変え、松阪市東部で伊勢湾に注ぐ。延長87キロメートル、流域面積436平方キロメートル。紀伊半島を横断する中央構造線に沿う河川として知られる。古生代の長瀞(ながとろ)変成岩類からなる山を刻み、中流では香肌峡(かはだきょう)の峡谷をつくる。近世末までは水運があり、中流左岸の射和(いざわ)と対岸の相可(おうか)間には渡船があって、それぞれ宿として栄えた。和歌山と松阪を結ぶ紀州街道が高見峠を越えて河谷沿いに通じ、伊勢参宮や参勤交代路として宿駅も発達した。

[伊藤達雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

櫛田川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

櫛田川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation