@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

欄干【らんかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

欄干
らんかん
baluster
建築用語。勾欄とも。まわり,階段バルコニーや橋などで,墜落防止用につけられた手すりで,通常,手すりの横材を支える垂直材が装飾的に処理される場合が多い。また西洋建築では階段やバルコニー,ベランダに連続的な装飾のあるものをバラストレードという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らん‐かん【欄干/×闌干/欄×杆】
橋・階段などの縁に、人が落ちるのを防ぎ、また装飾ともするために柵状に作り付けたもの。てすり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らん‐かん【欄干/×闌干】
[ト・タル][文][形動タリ]
星や月の光があざやかなさま。
「武蔵野の冬の夜更て星斗―たる時」〈独歩武蔵野
涙が盛んに流れるさま。
「涙―として魂飛揚すと見えて」〈古活字本保元・中〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らんかん【欄干】
橋または建物の外縁などに縦横に材をわたして,人の墜落を防ぐ手すりで,装飾を兼ねるものもある。高欄(こうらん)に同じ。闌干とも書く。中国建築では欄杆と称し,基壇の周縁部,回廊周囲出窓外側などにも常用される。橋や基壇の杆は石造通例で,親柱(つか),腰羽目板には文様彫刻が施される場合が多く,また回廊や出窓の木造の欄杆にも,簡素な手すりから,文様格子もはめこんだもの,背もたれ式,腰掛け式などさまざまな形式がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

欄干
らんかん
橋または建物の縁側、廊下、階段などの側辺に縦横に材を渡して人の墜落を防ぐもの。装飾を兼ねるものもある。(こうらん)と同じで、「手すり」「おばしま」ともいう。近代では住居の出窓やベランダの外側などにも常用されるが、素材には石、金属、木材、合成樹脂など種々あり、形式も実用一辺倒のものから、装飾性の強いものまで多様である。[工藤圭章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

欄干」の用語解説はコトバンクが提供しています。

欄干の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation