@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【オバシマ】

デジタル大辞泉

おばしま【欄】
てすり。欄干
「楼上の―に干したる敷布、襦袢(はだぎ)などまだ取入れぬ人家」〈鴎外舞姫

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らん【欄】
印刷物の紙面上の、区切られた一定の部分。特に、罫(けい)で囲まれた部分。「答えは左のに記入せよ」
新聞・書籍・雑誌などで、決まった記事を載せる区切られた一定の部分。「投書
てすり。欄干。
「狗児―に戯れて」〈織田訳・花柳春話

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らん【欄】[漢字項目]
常用漢字] [音]ラン(呉)(漢) [訓]おばしま
てすり。おばしま。「欄干勾欄(こうらん)高欄・朱欄」
木を横に渡した囲い。「欄井
紙面の、区分された部分。「欄外空欄・上欄・本欄・文芸欄」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典 第5版

横組の図書雑誌において,1ページの版面に二つ以上に分割して版を組んである場合の,分割された各々の部分.ページ付けの代わりに,欄に番号付けがされることもある.縦組の場合は,に分割し,それぞれという.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おばしま【欄】
〘名〙 欄干(らんかん)。てすり。また、それの付いているもの。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)一「玉座に餝(かざり)し二つの矢恭々敷(うやうやしく)携へて、階(オバシマ)近くおり立ち給ひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らん【欄】
〘名〙
① てすり。らんかん。おばしま。また、かき。柵。かこい。〔十巻本和名抄(934頃)〕 〔呉志‐陸遜伝〕
② (かこいの意から) 書籍・新聞紙などの紙面にある周囲のわく。また、新聞・雑誌などの記事、文章などを、その種類に応じて分けた区画。小説欄、投書欄、広告欄など。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「右の法則の第一たる主客に関する議論の如きはおのれ特別に欄(ラン)を設けて仔細に説明なすべければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

欄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation