@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

欧化政策【おうかせいさく】

旺文社日本史事典 三訂版

欧化政策
おうかせいさく
明治前半期における欧米文物制度移入の政策,特に鹿鳴館時代の欧米模倣の政策
外務卿井上馨は条約改正促進のため,風俗習慣を西欧化して日本の開化ぶりを外国に示す必要があると考え,ヨーロッパ風文化の直輸入政策を行った。しかし鹿鳴館での舞踏会に象徴されるように,表面的な模倣にすぎず,民権論者・国権論者からきびしく批判された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

欧化政策」の用語解説はコトバンクが提供しています。

欧化政策の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation