@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

欧州議会

朝日新聞掲載「キーワード」

欧州議会
5年に1度、各加盟国から直接選挙で選ばれる。定数736。加盟国ごとの議員数の割り当ては人口比例で、99人(ドイツ)から5人(マルタ)まで幅がある。本会議はフランスストラスブールで、委員会はブリュッセルで開かれる。欧州統合が進むにつれ議会権限も拡大している。アイルランド国民投票批准を見送ったことで棚上げになっているリスボン条約が発効すれば、権限はさらに強まる。
(2009-05-31 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

おうしゅう‐ぎかい〔オウシウギクワイ〕【欧州議会】
European ParliamentEU欧州連合)の主要機関の一。EU加盟各国から直接選挙で選出された議員によって構成される議会。EUの政策運営について討議・検討する。立法権・予算審議・政治的監督などについての権限を有する。1962年、EUの前身EEC(欧州経済共同体)で、総会を欧州議会とよぶ旨の決議が行われた。通常の本会議場はフランスのストラスブール、事務局はルクセンブルクにある。議席定数は751(2017年現在)、任期は5年。各加盟国の議席数配分は国別人口比をもとに決定。ヨーロッパ議会EU議会EP

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国為替用語集

欧州議会
欧州連合(EU)の主要機関。EUの諸活動に対し、民主的なコントロールを行うことを目的とする諮問・共同決定機関。諮問的機関から出発し、次第に権限を強化。特定分野の立法における理事会との共同決定権、EU予算の承認権、新任欧州委員の承認権等を有する。

出典:(株)マネーパートナーズ

精選版 日本国語大辞典

おうしゅう‐ぎかい オウシウギクヮイ【欧州議会】
(European Parliament の訳語) EU(ヨーロッパ連合)の主要機関の一つ。EU加盟諸国から直接選挙で選出された議員によって構成される。一九六二年、当時のECの総会をこのように呼ぶことが決められた。議場はフランスのストラスブール。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

欧州議会
おうしゅうぎかい
フランスのストラスブールに置かれているヨーロッパ連合(EU)の議会
ヨーロッパ共同体(EC)時代から,加盟国別配分に従って国別に直接選挙で議員を選出する。当初は権限を制限されていたが,マーストリヒト条約によって大幅に権限を強化した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

欧州議会
欧州理事会」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

欧州議会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

欧州議会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation