@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歌垣【うたがき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歌垣
うたがき
男女による歌のかけあいを中心とする集団的行事。東国ではかがいともいった。もともと国見と結びついた農耕儀礼として始り,予祝的意義をもち,飲食,性的解放などを伴っていた。主として春さき,山上で行われたが,秋の例,水辺の例もある。時代や社会などの変化に伴い,遊楽を中心とするもの,求婚,婚約を中心とするものなどに分化した。貴族社会では歌舞だけが独立して芸能化し,奈良時代末期には中国から移入した踏歌に取って代られることになったが,民間では後代にいたるまで存続した。古代の例としては,大和の海柘榴市 (つばいち) ,常陸筑波山の歌が有名で,摂津の歌垣山,肥前杵島山 (きしまやま) の例も風土記にみえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うた‐がき【歌垣】
古代、求愛のために、男女が春秋2季、山や市(いち)などに集まって歌い合ったり、踊ったりした行事。東国では嬥歌(かがい)という。
奈良時代には、踏歌(とうか)のこと。→踏歌
[補説]人々が垣のように円陣を作って歌ったところから、または、「歌懸き」すなわち歌のけ合いからきた語という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うたがき【歌垣】
男女が集会し相互に掛合歌をうたうことによって求愛し,あるいは恋愛遊戯をする習俗で,年中行事あるいは儀礼として行われることが多い。分布は古代日本のほかに,現代では中国南部からインドシナ半島北部の諸民族において濃密であり,フィリピンインドネシアにも類似の掛合歌が行われている。中国貴州省南東部のミヤオ族の場合では,歌垣はミヤオ語で遊方といい漢語では揺馬郎という。村には遊方を催す場所が,村はずれの山の背に決められており,2月2日の敬橋節のような祭日農閑期に行われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

歌垣
うたがき

記紀万葉の時代に、山、磯(いそ)、市(いち)などに男女が集まって、豊穣(ほうじょう)を祈り、共感呪術(じゅじゅつ)である性の交わり(植物も繁殖に人間と同行為をするという観念から、生産=生殖の信仰)を行った行事。嬥歌(かがい)に同じ。飲食歌舞を伴うこともあり、求婚の場でもあった。農耕予祝儀礼として民俗行事のなかに遊楽化され、今日に伝承されている。『古事記』清寧(せいねい)天皇条に伝える海柘榴市(つばきいち)の歌垣は、美人(おとめ)の大魚(『日本書紀』では影媛(かげひめ))を争う志毘臣(しびのおみ)と袁祁命(おけのみこと)の歌の掛け合いだが、これは信仰圏の産土神(うぶすながみ)を担う巫女(みこ)を祭祀(さいし)者が争った伝承であろう。祭祀者が農耕管轄者でもある祭政一致時代の権力争いである。記紀の伝承に多い男女の邂逅(かいこう)の説話には、信仰圏を統治する権力と巫女の男女の性格をみるべきであろう。『常陸国風土記(ひたちのくにふどき)』筑波(つくば)郡の条に記す筑波山嬥歌会の一節や、『万葉集』巻9・1759の長歌にみる、男女が手を携え山に登り遊楽する行事は、豊作を念じて行われた性の宴(うたげ)であり、今日の民俗行事に連なる予祝儀礼である。今日の民俗では、山遊び、野遊び、磯遊び、ハナミ、ヤマミ、ママゴトなどの呼称をもって春に行われているものが多いが、露骨な性のそれは上代の伝承ほど表には出ていない。未婚男女の婚姻の契機とする地方もある。今日の花見、潮干狩も山磯遊びである春の歌垣的機会の変質してきたものである。小正月(こしょうがつ)に歳神(としがみ)を迎えて夫婦が全裸でいろりを巡り、相互の性を賞賛する東北地方や北関東の消滅した民俗も、共感呪術をもって豊作を祈る民間儀礼であった。

[渡邊昭五]

『渡邊昭五著『歌垣の研究』(1981・三弥井書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うた‐がき【歌垣】
〘名〙
① 古代、男女が山や市(いち)などに集まって飲食や舞踏をしたり、掛け合いで歌を歌ったりして性的解放を行なったもの。元来、農耕予祝儀礼の一環で、求婚の場の一つでもあった。のちに遊楽化してくる。かがい。
※古事記(712)下「歌垣(うたがき)に立ちて、其の袁祁(おけの)命の婚(め)さむとしたまふ美人(をとめ)の手を取りき」
② (のちに①が宮廷など貴族にとり入れられて) 一群の男女が相唱和する、一種の風流遊芸。
※続日本紀‐天平六年(734)二月癸巳「天皇御朱雀門歌垣。男女二百余人。五品已上有風流者皆交雑其中
[語誌]「うたかき(歌掛)」の連濁による語で、この場合の「かく(掛)」も古くは四段活用であったか。近年まで与論島に「ウタカキアスビ」「ウタヌカキアイ」などという例(山田実「南東方言与論語彙」)が見られた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

歌垣
うたがき
古代における集団儀礼で一種の群舞。毎年春秋の2回,時を定め山上や市などの聖場で催された
男女が列をなして恋愛・求婚の歌をうたい,踊って配遇者を選び性の解放を謳歌した。東国では嬥歌 (かがい) といい,筑波の嬥歌が有名で『万葉集』にも詠まれている。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

歌垣 うたがき

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

歌垣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歌垣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation