@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歌川豊国(三代)【うたがわ とよくに(三代)】

美術人名辞典

歌川豊国(三代)
江戸後期の浮世絵師。江戸生。角田、名は庄蔵、のち肖造と改める。初号は国貞、別号に一雄斎・五渡亭・香蝶楼・琴雷舎等多数。幼少より画才を認められ、初代豊国の門に入って歌川と称し、絵の修業を積んだ。美人画を得意とし、化政・天保期を風靡するほどの勢いと力を持っていた。元治元年(1864)歿、79才。

出典:(株)思文閣

歌川豊国(三代)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歌川豊国(三代)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation