@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歌披講【うたひこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歌披講
うたひこう
歌会和歌を披露すること,またその形式一定作法と,一定の音楽的曲節で和歌を詠するもので,平安時代から行われ,現在も宮中歌会始にみられる。講師 (1人) ,発声 (1人) ,講頌 (数人) という歌い手によって歌われ,その旋律型には甲調,乙調,上甲調の3種がある。綾小路 (二条) ,冷泉の2流がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うた‐ひこう〔‐ヒカウ〕【歌披講】
一定の作法・形式に従って、和歌をづけして披露すること。平安中期から行われ、現在も新年歌会始め勅題選歌を披露する行事として残っている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うたひこう【歌披講】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

うた‐ひこう ‥ヒカウ【歌披講】
〘名〙
① 和歌の詞句に節を付けて吟詠すること。
② 歌会で、一定の作法、形式に従って歌を節づけして披露すること。また、その人。起源は、少なくも平安中期まではさかのぼれる。現代も新年の歌御会始めに、勅題の選歌を披露する行事として残っている。和歌披講。披講。
※八雲御抄(1242頃)二「御製読師歌披講畢」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌披講」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歌披講の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation