@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歌舞伎劇場【かぶきげきじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歌舞伎劇場
かぶきげきじょう
歌舞伎を演じる劇場。一般的呼称となったのは新しく,かつては芝居小屋芝居小屋,芝屋と呼ばれていた。ただし,今日では歌舞伎専有の劇場をさし,歌舞伎上演機能を建築上もっているものをいう。入口にやぐらを組み,竹矢来,むしろ張りで外郭とし,能舞台の襲用に始り,次第に付舞台を加え,桟敷土間ともに拡張,板囲い式となり,享保2 (1717) 年板葺屋根が許可され,同9年に全蓋式,客席実現。舞台機構は元文 (36~41) 頃に花道から名のり台を架設,宝暦8 (58) 年には1世並木正三回り舞台考案,同 12年にせり出しの機構が整い,寛政8 (96) 年には能舞台から踏襲した破風が撤去され,幕末の弘化4 (1847) 年には二重の回り舞台である蛇の目回しを発生させている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かぶきげきじょう【歌舞伎劇場】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

歌舞伎劇場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歌舞伎劇場の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation