@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歌謡曲【かようきょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歌謡曲
かようきょく
日本の大衆一種歌詞は感傷的,抒情的なものが多く,旋律短音階に伝統的な陰旋法を加味し,節回しに装飾的な,いわゆる小節をきかすことなどを特徴とする。松井須磨子が『復活』の劇中った『カチューシャ』 (1914,中山晋平作曲) がそのりとされるが,歌謡曲という呼称昭和初期に放送用語として生れたものである。現在では外国のポピュラーソングの影響を受けたものが多く,いわゆる流行歌と同意味に使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かよう‐きょく〔カエウ‐〕【歌謡曲】
昭和初期以降、主に日本で作詞・作曲され、レコード・ラジオ・テレビなどを通じて流布される大衆的歌曲。
洋学様式で作られた歌曲旧称。昭和初期までいわれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

歌謡曲
日本のポピュラー音楽。歌は日本のお笑いコンビ、とんねるず。1986年発売。作詞:秋元康、作曲:見岳章。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かようきょく【歌謡曲】
日本の代表的大衆歌曲。〈歌謡〉は日本古来の歌を意味し,明治期に西欧の芸術歌曲を〈歌謡曲〉と呼んで新時代の歌を区別した。それが現在のように大衆歌曲を意味するようになったのは,昭和のはじめからで,JOAK(現在のNHK)が,それまで〈流行歌〉〈はやり歌〉と呼ばれていた大衆歌曲の放送にあたって,はやるかはやらないかわからない歌を〈はやり歌〉とするのは適当でないし,またレコード会社の宣伝にならないように考慮して,〈歌謡曲〉という名で放送したことによる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

歌謡曲
かようきょく

音楽の分類用語。(1)1923年(大正12)2月、大阪の東亜蓄音器が宮城道雄らの新箏曲(しんそうきょく)のレコードにつけた種目名。数年を経ずして同社は解散したため、この用語は定着しなかったが、27年(昭和2)9月以降は日本放送協会の使用するところとなり、新箏曲ばかりでなく、新しい三弦歌曲の総称として、ラジオで使用された。(2)1930年代までは、西洋の芸術的歌曲の訳語としても用いられた。(3)1933年(昭和8)の夏ごろから、日本放送協会は日本人の作曲した「流行歌」にもこの名称を転用し、以来、大衆音楽の種目名となった。この使用法が現代にまで受け継がれたが、73年(昭和48)ごろから「ニューミュージック」と「演歌」に二分され、歌謡曲という名称は廃れた。

[倉田喜弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かよう‐きょく カエウ‥【歌謡曲】
〘名〙
① 歌。特に、歌曲をいう。昭和初期までいわれた。リート。〔音楽字典(1909)〕
② 大衆に広く親しまれることを目的に、西洋音楽の技法をとり入れて作詞、作曲され、主にレコード、ラジオ、テレビ等のマスメディアを通して伝えられていく歌。昭和にはいって一般化した語。
※読売新聞‐昭和八年(1933)七月七日「題して『歌謡曲』と云ふから、シューバートやブラームスのリードを放送するのかと早合点すると、なかなかサに非ず、渋谷の姐さんが歌ふ流行歌であり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌謡曲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歌謡曲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation