@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

正力松太郎【しょうりきまつたろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

正力松太郎
しょうりきまつたろう
[生]1885.4.11. 富山
[没]1969.10.9. 東京
読売新聞社や日本テレビ放送網などの経営者,政治家。東京大学法学部卒業後,1913年警視庁に入った。 18年夏の米騒動の鎮圧に手腕を発揮し,以後普選運動,労働運動など公安事件を取締った。なかでも 23年6月の第1次共産党事件は有名。同年 12月 27日の虎ノ門事件の責任で懲戒免官になり,『読売新聞』の経営を引受け,24年社長就任,同社の再建と拡大に努めた。 34年職業野球団である大日本東京野球倶楽部 (読売ジャイアンツ前身) を創設。第2次世界大戦後の 45年 12月,第1次読売争議の最中に戦犯に指定され,巣鴨拘置所に収容され,社長を辞任。 47年9月に釈放されてからは社長に復帰するとともに,日本テレビ放送網設立に努力。 55年には富山県から衆議院議員に立候補して当選,鳩山岸内閣国務大臣をつとめた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうりき‐まつたろう〔シヤウリキまつタラウ〕【正力松太郎】
[1885~1969]実業家政治家。富山の生まれ。大正13年(1924)虎ノ門事件の責任を取って警視庁警務部長を辞任。同年読売新聞の社長となる。昭和9年(1934)プロ野球球団巨人軍の前身に当たる大日本東京野球倶楽部(クラブ)を発足。同27年日本テレビを設立。政界にも進出し、科学技術庁長官などを務めた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

正力松太郎 しょうりき-まつたろう
1885-1969 大正-昭和時代の実業家,政治家。
明治18年4月11日生まれ。大正12年虎ノ門事件で警視庁警務部長を引責辞任。13年読売新聞の社長となり,部数を大幅にふやす。昭和9年大日本東京野球倶楽部(クラブ)(読売巨人軍の前身)を創設。27年日本テレビ放送網を設立し社長,29年読売新聞社主。30年衆議院議員(当選5回,自民党)。初代原子力委員長として原子力利用をすすめた。昭和44年10月9日死去。84歳。富山県出身。東京帝大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しょうりきまつたろう【正力松太郎】
1885‐1969(明治18‐昭和44)
大正・昭和期の新聞・放送経営者。富山県射水郡枇杷首村(現大門町)に生まれ,高岡中学,第四高等学校を経て東京帝国大学法科大学(法学部)を卒業。内務省に入り累進して警視庁警務部長になったが,1923年(大正12)12月虎の門事件で引責辞職。翌24年2月,経営難で不振の〈《読売新聞》〉を買い受け社長に就任,新聞界に転じた。意表をつく新企画の連発と積極経営で社勢拡大に成功,41年(昭和16),読売は発行部数で〈《朝日新聞》〉〈《毎日新聞》〉をおさえ東日本最大の新聞に成長した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうりきまつたろう【正力松太郎】
1885~1969 新聞経営者。富山県生まれ。東大卒。虎門事件によって警視庁警務部長を引責辞職。1924年(大正13)読売新聞社社長。国務大臣を歴任。また、民間テレビ放送網を創設、プロ野球の発展にも尽力。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

正力松太郎
しょうりきまつたろう
(1885―1969)
新聞・放送経営者。明治18年4月11日富山県射水(いみず)郡枇杷首(びわくび)(現、射水市)に生まれる。1911年(明治44)東京帝国大学卒業後、官界に入るが、1923年(大正12)12月警視庁警務部長のとき起こった虎の門事件の責任を負って退官。1924年2月、後藤新平の助力で『読売新聞』の経営にあたる。以後、独創的な企画を次々と打ち出し、『読売新聞』を『朝日新聞』『毎日新聞』と並ぶ全国紙に育て上げた。1941年(昭和16)秋、戦時新聞統合を企図する政府の全国新聞一元会社案に反対、撤回させたのは有名。第二次世界大戦後は、日本初の民放テレビ局「日本テレビ放送網」を創立したほか、マイクロウェーブの敷設に尽力、放送界に貢献するとともに、プロ野球の発展に努めた。鳩山一郎(はとやまいちろう)内閣、岸信介(きしのぶすけ)内閣の国務大臣として入閣、原子力平和利用の基礎を固めた。昭和44年10月9日没。[春原昭彦]
『御手洗辰雄著『伝記正力松太郎』(1955・大日本雄弁会講談社) ▽片柳忠男著『創意の人 正力松太郎』(1961・オリオン社出版部)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうりき‐まつたろう【正力松太郎】
新聞・放送経営者、政治家。富山県出身。東京帝国大学卒。大正一二年(一九二三)警視庁警務部長のとき、虎の門事件の責を負って退職、読売新聞社長となる。のち、社主。貴族院議員。衆議院議員。鳩山・岸内閣の国務大臣。また日本最初の民間テレビ「日本テレビ放送網」を創設したほか、プロ野球の発展にも寄与した。明治一八~昭和四四年(一八八五‐一九六九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正力松太郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

正力松太郎の関連情報

関連キーワード

常用漢字アルビヌス漢の時代(年表)コロレンコチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)マンダレーグアンタナモ基地ダルビッシュ有貴ノ浪貞博パリ協定

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation