@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

正宗【まさむね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

正宗
まさむね
[生]文永1(1264)?
[没]康永2(1343)? 鎌倉
鎌倉時代末期の刀剣の名工。相模国鎌倉で作刀。号は岡崎五郎入道。新藤五国光の門下で藤三郎行光の養子といわれる。炭素量のわずかに異なる硬軟2種類の鉄を組合せた相州伝独特の地鉄 (じがね) を大成,日本刀の代表的刀工とされる。作品は刀と短刀があるが,刀で在銘のものは発見されていない。門下に貞宗がおり,来国次,長谷部国重,志津兼氏らいわゆる「正宗の十哲」は,正宗の影響を強く受けた刀工である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まさむね【正宗】
岡崎正宗(おかざきまさむね)

の鍛造になる刀。また、一般に名刀。転じて、よく切れるもののたとえに用いられる。
清酒銘柄。天保年間(1830~1844)(なだ)の酒造家山邑(やまむら)氏が名づけたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

正宗 まさむね
?-? 鎌倉時代の刀工。
新藤五国光(しんとうご-くにみつ)の弟子で,藤三郎行光の養子になったという。相模(神奈川県)鎌倉にすみ,沸出来(にえでき)の刃文の美しさを追求して相州伝を完成した。「京極正宗」などの数口(ふり)以外は無銘であるが,国宝の「観世正宗」「庖丁(ほうちょう)正宗」などの名物がつたわる。養子に貞宗通称は五郎入道。俗称に岡崎正宗(岡崎地名とも)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まさむね【正宗】
鎌倉末期の相模国鎌倉の刀工。生没年不詳。新藤五国光の弟子で,のち同門の行光の養子となったと伝える。一般に相州物は地沸(じにえ)が強く,地景(ちけい)の入った鍛(きたえ)に,沸の強い,金筋・砂流しのかかった刃文に特徴があるが,この相州伝といわれる作風を完成したのが正宗である。作刀は太刀と短刀があるが,太刀はほとんどが研ぎ上げられて無銘であり,有銘作は名物の〈京極正宗〉〈不動正宗〉〈大黒正宗〉のほか〈本荘正宗〉の4点の短刀があるにすぎない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

正宗
まさむね

生没年未詳。鎌倉末期の刀工で、相模(さがみ)国(神奈川県)鎌倉の地で作刀した日本刀を代表する名匠。鎌倉鍛冶(かじ)の祖とされる新藤五国光(しんとうごくにみつ)を師とし、同門の行光(ゆきみつ)の養子となったと伝えられる。師の沸出来(にえでき)の直刃(すぐは)の作風から、行光のやや乱れて沸を強調した作風を経て、地鉄(じがね)の美しい鍛(きた)え肌に沸による刃文の変化の美を最大限に表現した、いわゆる相州伝(そうしゅうでん)の作風を完成させた。

 正宗の名は最古の刀剣書『観智院本銘尽(かんちいんぼんめいづくし)』に「五郎入道」と記されており、系図では新藤五国光となっているが、近世の『古今銘尽』をはじめとする刀剣書は「国光―行光―正宗」と3人をつなげている。すなわち、「岡崎五郎入道 行光子 十七歳ノ時 弘安(こうあん)三父行光ニ別ル 新藤五国光弟子ニ成 正応(しょうおう)頃廿五歳 建武(けんむ)頃七十一歳 文永(ぶんえい)元生 康永(こうえい)ニ死 八十一歳 建武ヨリ前諸国ヘ出 又七十五ニ出 七十七歳ノ時戻ル」と記しており、これは江戸末期の著述であって信憑(しんぴょう)性は高くないが、このような正宗の伝記が完成したのは、江戸時代になってからのこととみられる。

 正宗には有銘作が希有(けう)で、「京極正宗」「不動正宗」などの名物をはじめとする数口以外は無銘であり、後世本阿弥(ほんあみ)家が極めをして金象眼(ぞうがん)銘を入れたものも多い。現存する代表作には「観世(かんぜ)正宗」「中務(なかつかさ)正宗」「九鬼(くき)正宗」「日向(ひうが)正宗」「庖丁(ほうちょう)正宗」などの名物があり、いずれも国宝に指定されているが、そのほとんどが無銘であることから、明治期になると、正宗は実在しなかったとする「正宗抹殺論」が現れた。しかし前出の『観智院本銘尽』のほか正宗に関する記述は中世にすでにあり、刀剣書以外にも『尺素往来(せきそおうらい)』(室町中期成立)に「一代聞達者候」とあって名人と賞揚されており、不在論は当を得ていない。

 正宗の子または養子とされる彦四郎貞宗、また正宗・真宗の系統とされる広光・秋広が相州にて南北朝時代に活躍しており、江戸時代には孔子十哲になぞらえて「正宗十哲」があげられている。十人の名は刀剣書によって多少異なるが、郷義弘(ごうよしひろ)、金重(きんじゅう)、長谷部国重(はせべくにしげ)、兼光(かねみつ)、長義(ちょうぎ)、則重(のりしげ)、左文字(さもじ)、兼氏(かねうじ)、盛高(もりたか)、来国光(らいくにみつ)などである。これは後世の創作と考えられるが、正宗の出現後、このように全国の刀工に沸出来の作風が影響したことは事実である。

[小笠原信夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐しゅう シャウ‥【正宗】
〘名〙 仏語。正しい肝腎の本旨。
※真如観(鎌倉初)「且(しばら)く正宗(シャウシウ)の初の方便品の文に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まさむね【正宗】
[1] 鎌倉末期、相模国(神奈川県)鎌倉に住んでいた刀工、岡崎五郎正宗。生没年不詳。また、その鍛えた刀。名刀の代表とされる。
[2] 〘名〙
① 天保年間(一八三〇‐四四)に灘の酒造家、山邑氏の醸造した日本酒の銘柄。転じて、日本酒をさしてもいう。
※雑俳・柳多留‐一一(1776)「政宗をわらづとにして江戸へ出し」
② 文楽人形のかしらの一つ。武士の出身らしい覇気のある老人役に用い、「定之進」より肉が豊かで横に広い。「新薄雪物語」の正宗に始まり、「摂州合邦辻」の合邦(がっぽう)などに使う。
③ ((一)がよく切れることにかけて) 切れやすい織物をいう。正宗派。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まさむね【正宗】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正宗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

正宗の関連情報

関連キーワード

文永北条長時グロスター(伯)バロン戦争ミカエル8世ウルバヌス4世日蓮宗得得・徳徳北条政村クレメンス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation