@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

正断層【せいだんそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

正断層
せいだんそう
normal fault
重力断層ともいう。断層面として,上盤が相対的に下盤よりもずれ落ちている断層をいう。一般には張力が働いている場で生じる。弧状列島系で,地震に伴って生じる断層の多くはずれ断層 (→傾斜走向断層 ) か逆断層で,一般に正断層は少い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐だんそう【正断層】
(うわばん)が下盤(したばん)に対して相対的にずり落ちた断層。⇔逆断層

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいだんそう【正断層】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

正断層
せいだんそう
normal fault

断層面が傾斜しているとき、断層の上側のブロック(上盤(うわばん))が、下側のブロック(下盤(したばん))に対して相対的にずり落ちる変位をもつ断層。断層面を境として、上側に新しい地層が接することになる。正断層は、地層が側方に引っ張られたときにできる。アフリカ大地溝帯などの大規模な地溝帯の両側に正断層群が存在することが知られている。

[村田明広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐だんそう【正断層】
〘名〙 傾いた断層面に沿って、上盤が下盤に対して相対的にずり下がったもの。⇔逆断層。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正断層」の用語解説はコトバンクが提供しています。

正断層の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation