@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

正書法【せいしょほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

正書法
せいしょほう
orthography
正字法ともいう。規範として社会で認められている単語の綴り方 (日本ではかなづかい ) ,またはその体系をいう。たとえば,英語で「夜」は nightと綴るのが正しく,niteは正しくないとされるが,このように正しいとされる綴り方が正書法である。正しいというのは社会で承認されていることであり,合理的かどうか,話し言葉に忠実かどうかとは無関係である。英語では,同じ綴りがいくつかの異なる音を表わしたり,同じ音が異なる綴りで表わされていたりする。日本の現代かなづかいのように正書法を改革する場合や,トルコのように文字を取替えたり,初めて文字を採用したりする場合には,その言語の構造に適合した,できるだけ一定の原理に貫かれた正書法が望ましく,そのために音韻論,文法論の成果が助けになる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいしょ‐ほう〔‐ハフ〕【正書法】
単語の正しい表記のしかた。また、一言語の正しい表記のしかたの体系。正字法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいしょほう【正書法】
語の正しい書き方,またはある言語を書き表す正しい書き方の体系。正字法ともいう。ここで〈正しい〉とは,〈社会的に規範として認められている〉の意味である。オーソグラフィーorthography訳語で,orthographyは,ギリシア語のortho(正しい)+graphia(書き方)に由来する。欧米では主として正しいつづり字法・綴字(てつじ∥ていじ)法(スペリング)のことをいう。日本では,〈正字法〉から憶測して漢字の一点一画の正しい書き方と考える人もいるが,それは適当ではない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

正書法
せいしょほう

orthographyの訳語。正字法ともいう。語の正しい書き表し方、つまり音声言語を文字言語にうつしかえるための、社会的規範として認定されている決まりをいう。「おおい(多い)」と「おうい(王位)」のように、同音の語を二様に書き分けるのは音韻論では無意味であるが、現代仮名遣いという社会的規範によって標準と定められている。英語でも、knight[nait]は音韻と対応するつづり字(スペリング)ではないが、正しい書き表し方として社会的に認定されている。このように、音韻と文字との正確な対応は文字言語にうつす場合にかならずしも要らない。表音文字しかもたない言語では、ただ一つの書き表し方しかないが、日本語には文字体系として漢字、平仮名、片仮名、ローマ字の4種類があって、どの文字で語を書き表すか決まってはいない。社会的慣習として、外来語は片仮名、漢語は漢字、和語は平仮名もしくは一定の範囲内の漢字で書き表すことがかなり定着しているが、従うべき規則というものではない。規則性という点で、送り仮名のつけ方を正書法とする立場もある。ただ、文字体系を一つしかもたない言語と対比して考えると、日本語ではその文字体系ごとに書き表し方が一つに限定されていればよいということができる。その場合、漢字という文字体系は、一次的には音声言語をうつしかえることはできないから、音(音節)を表記する仮名、ローマ字の使い方こそが社会的規範を第一義的に必要とする。なかでも、仮名はローマ字に比べて、現代日本社会における重要性がはるかに高い。したがって、現実の言語生活に即していえば、現代仮名遣いが社会的規範たるべき正書法に該当することとなろう。平仮名と片仮名、仮名と漢字といった文字体系間の書き換えは、現代仮名遣いを基盤とした二次的な決まりであって、送り仮名のつけ方は、仮名・漢字変換における付帯的規則に相当すると考えられる。

[沖森卓也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいしょ‐ほう ‥ハフ【正書法】
〘名〙 特定の言語内で定められている単語の正しい表記方法。または、一言語における正しい表記方法の体系。綴字法(ていじほう)。正字法。オーソグラフィー。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正書法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

正書法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation