@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

正結晶【せいけっしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

正結晶
せいけっしょう
positive crystal
光学的異方性をもつ結晶では光のかたよりの方向により屈折率が異なる。単軸結晶常光線(振動方向が光軸に垂直)の屈折率が異常光線の屈折率より小さいとき,その結晶を正結晶といい,反対のとき負結晶という。二軸結晶では主屈折率α,β,γ(α<β<γ)のうちでβがγよりαに近いものを正結晶,その逆のものを負結晶という。トパーズは正結晶,正長石エメラルドルビーは負結晶の例である。正晶ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいけっしょう【正結晶】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

正結晶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

正結晶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation