@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

正統カリフ時代【セイトウカリフジダイ】

デジタル大辞泉

せいとうカリフ‐じだい【正統カリフ時代】
ムハンマドマホメット)の没後、4人のカリフ、すなわちアブー=バクルウマルウスマーンアリーが治めた時代。632~661年。のちの時代と異なり、イスラム理念が政治に反映されたと考えられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいとうカリフじだい【正統カリフ時代】
ムハンマドのに続く4人のカリフ,すなわちアブー・バクルウマル1世ウスマーンアリーの時代(632‐661)をいう。実態はともかく,後のウマイヤ朝アッバース朝のカリフと違い,彼らの政治にはイスラムの理念が反映されていたと考えた後世の政治思想家が,彼らを正統カリフal‐khulāfā’ al‐rāshidūn(神によって正しく導かれたカリフたち)と呼んだことがその名称の由来である。選挙制カリフの時代,あるいは族長的カリフの時代という学者もいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいとうカリフじだい【正統カリフ時代】
ムハンマドの死後、選挙によって選ばれたカリフの時代(632~661)。後世、神により正しく導かれたカリフたちとよばれたことに由来。アブー=バクル・ウマル・ウスマーン・アリーの四代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

正統カリフ時代
せいとうかりふじだい
預言者ムハンマド(マホメット)没後、4人のカリフ、すなわちアブー・バクル、ウマル1世、ウスマーン、アリーによって治められた時代(632~661)をいう。後世のムスリムの思想家は、ウマイヤ朝やアッバース朝時代とは異なって、この時代にはイスラムの理念が政治に反映されていたと考え、彼らを正統カリフとよんだ。選挙制カリフ、族長的カリフとよぶ学者も多い。
 この時代の三大事件は、(1)カリフ制の成立、(2)大征服の開始、(3)第一次内乱の勃発(ぼっぱつ)である。預言者亡きあとイスラム国家は深刻な危機を迎えた。国家の指導者をめぐるムハージルーン(メッカからの移住者)とアンサール(メディナの住民でイスラム教徒)との対立、イスラム国家からのアラブ遊牧諸部族の離反である。ムハージルーンの長老アブー・バクルがカリフ(後継者)に指名され、教団の分裂は回避された。彼はただちに遊牧諸部族の反抗を武力鎮圧し、彼らをイスラム軍として組織し、北方のササン朝ペルシアとビザンティン領へ征服軍として派遣した。ウマル1世は、エジプト、ペルシア高原へと征服を拡大する一方、各地に軍事都市ミスルを建設した。アラブ諸族はディーワーン・アルジュンド(軍務庁)に戦士(ムカーティラ)として登録され、俸給を受けた。ウスマーンの時代、戦線は北アフリカ、ペルシア北東へと拡大したが、アラブ・ムスリム諸階層の間に深刻な利害の衝突が発生し、ウスマーンは下級兵士の不満の犠牲となった。反乱軍に推されたアリーは、カリフ位を宣したが、ムハンマドの未亡人アーイシャ、シリア総督ムアーウィヤらはそれを認めず、第一次内乱(656~661)が起こった。657年、上イラクのスィッフィーンでアリー軍とムアーウィヤ軍は対決したが、勝敗決せず、661年、アリーの死とウマイヤ朝の創建でこの時代は終わった。ムスリムが、国家が直面した新しい諸問題とイスラムの理念をどのように整合させていくかを模索したのがこの時代であった。[花田宇秋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいとうカリフ‐じだい【正統カリフ時代】
(カリフはcaliph) イスラム社会で、マホメットが没してからウマイヤ朝の建設にいたるまでの四人のカリフの時代(六三二‐六六一)。サラセン帝国の基礎が固められた時期。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

正統カリフ時代
せいとうカリフじだい
632〜661
ムハンマドの死後,その後継者(カリフ)に推された4人のイスラーム指導者の治世
アブー=バクル・ウマル・オスマン・アリーの4人で,信徒の選挙によって選ばれた。メディナを都とし,「黄金の時代」を現出。アリーが暗殺されたのち,ウマイヤ朝がおこった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正統カリフ時代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

正統カリフ時代の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation