@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

正統派マルクス主義【せいとうはマルクスしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

正統派マルクス主義
せいとうはマルクスしゅぎ
ドイツ社会民主党をはじめとする第2インター系の修正派マルクス主義 (→修正主義 ) に対して,レーニンボルシェビズムに依拠したロシア・マルクス主義をさす。 1930年代のスターリンの全権掌握によってマルクス=レーニン主義は極度に教条化し,他の批判を許容しないまでに硬直化したため,1956年のスターリン批判以後,正統派マルクス主義は教条主義代名詞として使われるようにもなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正統派マルクス主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

正統派マルクス主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation