@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

此岸【しがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

此岸
しがん
涅槃 (ねはん) の境界である彼岸 (ひがん) に対応する言葉。煩悩をまんなかに横たわる川の流れにたとえるなら,涅槃の境地が彼岸 (向う岸) であり,それに対し,四苦八苦を経験するこの生死の世界が岸である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し‐がん【×此岸】
仏語。迷いの世界。悩みの多い現実世界。この世。⇔彼岸(ひがん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しがん【此岸】
生死から解脱しない、現実のこの世。 ⇔ 彼岸ひがん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

この【此】 岸(きし)
生死の輪廻(りんね)を繰り返す迷いの世界。
※源氏(1001‐14頃)明石「世を海にここらしほじむ身と成て猶このきしをえこそ離れぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐がん【此岸】
〘名〙
① 仏語。迷いの世界。悩みの多い現実世界。この世。⇔彼岸
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉二〇「彼岸に立脚して、馬鹿に神々しくなってしまって、此岸(シガン)がお留守になった」
② こちら側の岸。⇔彼岸
※浄瑠璃・釈迦如来誕生会(1714)三「ひがんしがんの柳の髪は長く乱るれど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

此岸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

此岸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation