@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

武家伝奏【ぶけてんそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

武家伝奏
ぶけてんそう
室町~江戸時代武家から朝廷に願い出ることを伝達奏聞する朝廷の役職名。建武中興のときにおかれ,室町時代に制度化された。江戸時代には定員2名で,納言参議から選任された。慶応3 (1867) 年廃止

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶけ‐てんそう【武家伝奏】
《「ぶけでんそう」とも》室町・江戸時代の朝廷の職名。諸事にわたり、武家との連絡にあたる役。江戸時代には定員2名で関白に次ぐ要職納言参議から選ばれた。伝奏

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶけてんそう【武家伝奏】
朝廷と幕府間の意思疎通をはかるために置かれた公家の役職。本来,伝奏は武家,寺社等の奏請を伝奏することをつかさどり,室町時代には武家伝奏,寺社伝奏の職掌分化をみた。江戸時代には武家伝奏をとくに要職とし,単に伝奏とも称した。1603年(慶長8)2月12日に広橋兼勝勧修寺光豊が任命されてから,1867年(慶応3)12月9日に廃止されるまで,江戸時代を通して定員2名。役料は500俵。多くは大納言の中から,学問文筆があり,弁舌がすぐれ正義を行う者が選任された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶけてんそう【武家伝奏】
室町・江戸時代、朝廷に置かれ武家の奏上を朝廷に取り次ぐ公家くげの役職。江戸時代は二名が常置されたので、両伝奏ともいう。1867年に廃止。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶけ‐てんそう【武家伝奏】
〘名〙 (「ぶけでんそう」とも) 室町・江戸時代の朝廷の職名。訴訟や儀式そのほかの諸事にわたって、朝廷と幕府の間の連絡にあたった役職。また、その役の人。室町時代以後に制度化し、江戸時代には幕府が、納言・参議の中から学才・弁舌に優れた者二名を選んだ。二人いるので両伝奏ともいう。武伝。
※親長卿記‐明応五年(1496)六月三日「勧修寺前大納言〈教秀〉〈略〉武家伝奏事辞退」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

武家伝奏
ぶけでんそう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

武家伝奏
ぶけでんそう
伝奏

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武家伝奏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

武家伝奏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation