@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

武尊山【ほたかやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

武尊山
ほたかやま
群馬県北部,みなかみ町川場村の境にある円錐形火山標高 2158m。那須火山帯に属する。山頂部に馬蹄形火口が南に開き,剣ヶ峰山 (2005m) ,前武尊山 (2040m) などの峰が火口を囲む。山名日本武尊が東征のおり,この山の悪鬼を退治したという伝説に由来する。山腹部は浸食が進み,放射状の谷が発達している。山麓裾野が広く畑地に利用され,コンニャクホウキモロコシ,リンゴを栽培。東麓には数ヵ所にスキー場があり,南麓に川場温泉がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほたか‐やま【武尊山】
群馬県北部にある円錐状火山。標高2158メートル。南東麓にスキー場がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほたかやま【武尊山】
群馬県北部にある山。標高2158m。第四紀噴出の火山で,截頭円錐形を呈し,全体に開析が進んで山頂付近まで深い放射谷に刻まれるが,北麓の武尊田代や西麓の玉原(たんばら)などには溶岩流の広い緩斜面が発達する。基盤岩は中生層,花コウ岩,第三系グリーンタフで,標高950~1500mに分布する。火山体はおもに複輝石安山岩質溶岩および大量の火砕岩などで構成され,山頂部には板状節理の発達した溶岩が分布する。山頂部の前武尊,武尊山,剣ヶ峰山を連ねて南に開いた馬蹄形の山稜は,浸食カルデラ壁である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

武尊山
ほたかやま

群馬県北部、利根(とね)郡川場村(かわばむら)とみなかみ町の境にあるコニーデ型の火山で標高2158メートル。「ほたかさん」ともいう。山頂部の南側に馬蹄(ばてい)形の爆裂火口を有し、それを囲んで前(まえ)武尊、剣ヶ峰(けんがみね)、獅子ヶ鼻(ししがはな)山などの峰に分かれる。斜面は深い放射谷で刻まれ、末端部で水田や雑穀、コンニャクイモ、リンゴなどが栽培され、武尊牧場がある。近年急激に東麓(とうろく)が観光地化し、前武尊(オグナほたか)、武尊牧場、尾瀬岩鞍(いわくら)などのスキー場が続々とつくられ、農家のなかには民宿にかわったところもある。北西に水上高原、南麓に川場温泉がある。登山口は花咲(はなさき)口、川場口、藤原口の三つがあるが、登山者は多くない。

[村木定雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

武尊山
(群馬県利根郡片品村・川場村・みなかみ町)
ぐんま百名山指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武尊山
(群馬県)
日本百名山」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武尊山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

武尊山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation