@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

武帝[南朝宋]【ぶてい[なんちょうそう]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

武帝[南朝宋]
ぶてい[なんちょうそう]
Wu-di; Wu-ti
[生]永和12(356)
[没]永初3(422)
中国,南北朝のの第1代皇帝 (在位 420~422) 。姓名劉裕。字は徳輿。廟号は高祖。微賤の出であるが,武人として功を立て,桓玄,劉毅らの反対勢力を倒して勢力を得た。北征して南燕,後を滅ぼし,一時は長安をも手中に収めた。中原回復の成功ということを名目にして,永初1 (420) 年東晋 (→) の皇帝から位を譲り受け,宋王朝を創建。白籍廃止を含む土断政策 (戸籍改訂) を断行し (→土断) ,豪族を押えて,倹約とした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武帝[南朝宋]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

武帝[南朝宋]の関連情報

関連キーワード

自己取引ポルシェチモテオスディオニュシオス2世執行役員新羅(しらぎ)能登半島地震大和生命保険児童発達支援センター医療事故調査制度

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation