@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

武庫【ブコ】

デジタル大辞泉

ぶ‐こ【武庫】
武器をおさめる武器庫兵器庫

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むこ【武庫】
津国武庫郡内の地名。武庫郡は現兵庫県西宮市にあたり,その東部武庫川が流れ,河口には古代に武庫泊(むこのとまり)が営まれていた。大阪湾をはさんで難波津対岸にあたるので〈向こう〉が武庫の語源であるといい,また神功皇后が兵具をおさめたことから名が起こったともいわれる。武庫川は上流杣山(そまやま)から木材を伐採して流すのに利用され,郡内にある広田神社山手(入山料)と率分(そつぶん)(武庫川の関料)を徴収していたが,上流の開発が進むに従いこの徴収が困難となり,11世紀には神人(じにん)と近辺住人との間に相論が頻発している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

武庫
むこ

兵庫県南部、旧摂津(せっつ)国南西部にあたり、『和名抄(わみょうしょう)』の武庫郡武庫郷の地。難波(なにわ)の地の向かい側一帯をさし、武庫川流域の尼崎(あまがさき)市、西宮(にしのみや)市の大阪湾に沿う地。『日本書紀』の神功(じんぐう)皇后の条にみえる「務古水門(むこのみなと)」はこの地の港であり、また『万葉集』には「たまはやす武庫(むこ)のわたりに天づたふ日の暮行けば家をしぞ思ふ」などの歌がある。『西摂大観(せいせつたいかん)』(1871編)には、「武庫海」は、東は尼崎へんより西は大輪田(おおわだ)(神戸市)に至る一帯の海をさすとしている。明治以前は良質の米の産地であり、また西宮を中心にわが国屈指の酒造地として知られる。

[藤岡ひろ子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶ‐こ【武庫】
〘名〙
① 武器をおさめる蔵。兵器を入れておく倉庫。武器庫。兵庫。
※本朝文粋(1060頃)一三・臨時仁王会咒願文〈大江朝綱〉「戎旅長停。蔵兵武庫」 〔史記‐平準書〕
② 兵庫寮(ひょうごりょう)の唐名。〔運歩色葉(1548)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むこ【武庫】
〘名〙 (難波津の向こう側の岸にあるところからとも、神功皇后が三韓出兵ののち、兵庫(兵器蔵)を埋めたところからともいう) 兵庫県南東部、武庫川の西側、六甲山南側の旧郡名。現在は西宮・芦屋・神戸・宝塚の各市などの市域となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武庫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

武庫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation