@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

武経七書【ぶけいしちしょ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

武経七書
ぶけいしちしょ

中国の7種の兵法書。春秋時代呉(ご)の将軍孫武(そんぶ)の『孫子(そんし)』、戦国時代魏(ぎ)の将軍呉起(ごき)の『呉子(ごし)』、春秋時代斉(せい)の大司馬(だいしば)田穣苴(でんじょうしょ)の『司馬法』、唐初の将軍李靖(りせい)の『李衛公問対(りえいこうもんたい)』、秦(しん)の国尉(こくい)尉繚(うつりょう)の『尉繚子』、秦の隠者黄石公(こうせきこう)の『三略』、周創業の功臣太公望呂尚(たいこうぼうりょしょう)の『六韜(りくとう)』をさし、略して『七書』ともいう。いずれも宋(そう)代に武官養成のテキストとして選ばれ、武人の経典として権威づけられることになった。

[篠田雅雄]

『天野鎮雄他著『新釈漢文大系36 孫子・呉子』(1981・明治書院)』『山井湧訳『全釈漢文大系22 孫子・呉子』(1983・集英社)』『村山孚他著『中国の思想10 孫子・呉子・尉繚子・六韜・三略』(1965・徳間書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武経七書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

武経七書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation