@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

武蔵七党【むさししちとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

武蔵七党
むさししちとう
平安時代末期から鎌倉~南北朝時代に武蔵国を根拠にして活躍した7つの同族的武士団七党武蔵守や介の子孫土着,武士化に由来するといわれるが,武蔵国造の子孫という説もある。また,七の数え方も一定せず,村山党 (多摩,入間郡) ,横山党 (南多摩郡) ,猪俣党 (旧那珂郡) ,児玉党 (児玉郡) , (たん。丹治〈たじみ〉ともいう) 党 (秩父,児玉の両郡) ,西党 (多摩郡) ,野与 (のよ) 党 (南・北埼玉郡) とする説や,野与党の代りに私市 (きさい) 党 (北埼玉郡) を入れる説がある。鎌倉時代には将軍家御家人となった。 (→ )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むさし‐しちとう〔‐シチタウ〕【武蔵七党】
平安末期から室町初期にかけて武蔵国に存在した同族武士団。丹治(たんじ)・私市(きさい)・児玉・猪股(いのまた)・西・横山村山の七氏。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むさししちとう【武蔵七党】
平安末期以降中世にかけて武蔵国に存在した七つの同族的武士団の総称。七党の数え方は一定せず,横山,猪俣,児玉,丹(たん)(丹治),西,野与(のよ),村山とする説,野与,村山の代りに(つづき),私市(きさい)を入れる説,西,村山を省いて綴,私市を加える説など種々の説がある。そのほとんどが武蔵守,武蔵介の子孫といわれ,横山党小野篁(たかむら)の子孫武蔵守孝泰,猪俣党は孝泰の子武蔵介時資,児玉党は武蔵介有道(ありみち)維能,丹党は丹治氏で代々武蔵守を相継,西党は武蔵守日奉(ひまつり)宗頼,私市党は武蔵権守(不詳)家盛にそれぞれ始まるという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

武蔵七党
むさししちとう

平安時代末期から室町時代初期に武蔵国を中心に分布していた中小武士団。丹治(たんじ)、私市(きさいち)、児玉(こだま)、猪俣(いのまた)、日奉(にし)、横山(よこやま)、村山(むらやま)の七つの同族的武士団をさす。「武蔵七党系図」には私市のかわりに野与(のいよ)がみえ、『貞丈雑記(ていじょうざっき)』などでは村山がなく、都筑(つづき)を入れている。平安時代末から鎌倉時代の史料には横山党、児玉党、丹(たん)党しかみえず、「武蔵七党」とあるわけではない。9世紀末から10世紀にかけての東国は「凶猾(きょうかつ)党を成し、群盗山に満つ」状態で、「僦馬(しゅうば)の党」など商業運送に携わる人々の反乱が相次ぎ、馬を自由に乗りこなす人々が現れていた。彼らは一方では秩父(ちちぶ)牧、小野(おの)牧、阿久原(あぐはら)牧などの管理者でもあり、「党類」をなして狩猟に従事し、私出挙(しすいこ)活動を通じ、百姓の牛馬なども手に入れ、しだいに富豪経営者となった。10世紀なかば、律令(りつりょう)国家はこれら有力者を「諸国兵士、諸家兵士」に組織し、群盗に備えるとともに軍事組織としても整備していった。彼らは現地では有力者として田畑開墾を進め、在地領主として成長し、しだいに専業武士となった。鎌倉時代の初めに源頼朝(よりとも)に従った武蔵の中小武士は、ほとんどがほぼ独立した同族武士団で、互いに結び合い、おのおのが党的武士団を形づくっていた。鎌倉幕府成立後、御家人(ごけにん)や北条氏の御内人(みうちびと)となる武士もみえ、相伝(そうでん)文書をもつ子孫もある。室町時代に「武蔵七党」と称され始め、血縁から地縁結合をもつ集団にかわり、白旗一揆(しらはたいっき)、武州(ぶしゅう)一揆へ発展していった。

[伊藤一美]

『渡辺世祐・八代国治著『武蔵武士』(1913・博文館/復刻版・1971・有峰書店)』『安田元久著『武士世界の序幕』(1973・吉川弘文館)』『伊藤一美著『武蔵武士団の一様態――安保氏の研究』(1981・文献出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むさし‐しちとう ‥シチタウ【武蔵七党】
平安末期から南北朝期にかけて武蔵国を本拠として活躍した武士団のうち、主な七つをいう。同族的性格をもち、いずれも武蔵国の国司の子孫が土着したものといわれる。七党には異説があり、数え方も一定しないが、野与・村山・横山・猪俣・児玉・丹・西・私市(きさい)・綴(つづき)の諸党の中から挙げられる。大武士団の成長をみない武蔵国ではこれらの小武士団が割拠し、それぞれ源氏の従者となっていった。武蔵の七党。
※田中本義経記(室町中か)四「むさし七たうあひぐして、尾張の国熱田の宮まではせむかふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

武蔵七党
むさししちとう
平安末期〜中世にかけて武蔵国に存在した同族的武士団の総称
七党とは村山・横山・猪俣 (いのまた) ・児玉・丹・西・野与をいい,野与の代わりに私市 (きさい) を入れる場合もある。いずれも武蔵に土着した国司の子孫で,各党は数十の小族に分かれて独立しながら一つの党として結合し,大武士団には発展せず,のち源氏の家人となっていった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武蔵七党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

武蔵七党の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation