@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

武蔵丸光洋【ムサシマルコウヨウ】

デジタル大辞泉

むさしまる‐こうよう〔‐クワウヤウ〕【武蔵丸光洋】
[1971~ ]力士。第67代横綱。米国ハワイ州出身。生まれは米国領サモア。英語名、フィヤマル=ペニタニ。幕内49場所連続勝ち越しを記録。平成8年(1996)日本国籍を取得。同15年引退。優勝12回。→第66代横綱若乃花 →第68代横綱朝青龍(あさしょうりゅう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

武蔵丸光洋 むさしまる-こうよう
1971- 平成時代の力士。
1971年5月2日米領サモア生まれ。武蔵川部屋に入門し,平成元年初土俵。3年入幕。巨体からの突き,押しを得意とし,6年大関。大関在位32場所をへて11年67代横綱になる。12年初場所を途中休場するまで55場所連続勝ち越しを記録。同年秋場所で8回目の優勝。8年日本国籍を取得。年寄名は武蔵丸光洋から振分光洋。25年年寄名跡「武蔵川」を取得し,武蔵川部屋を新設旧名はフィアマル・ペニタニ(Fiamalu Penitani)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

武蔵丸光洋
むさしまるこうよう
(1971― )
第67代横綱。アメリカ・ハワイ州オアフ島生まれ。アメリカ国籍時の名はフィアマル・ペニタニFiamalu Penitani(日本に帰化しており本名も武蔵丸光洋)。1989年(平成1)武蔵川(むさしがわ)部屋に入門。1994年大関昇進。1999年、曙(あけぼの)に次いで外国人力士2人目の横綱に昇進した。東京・上野の西郷隆盛(さいごうたかもり)像を思わせる風貌(ふうぼう)で人気をよんだ。身長192センチメートル、体重237キログラム。バランスのとれた堅太りの体形で、突き、押しに威力があり、組んでも太いかいなを返すと相手の上体はすぐ浮き上がった。連続勝ち越し55場所を記録。横綱時代の2001年(平成13)、大けがをした貴乃花(たかのはな)に優勝決定戦で敗れたが、その翌年に優勝のかかった直接対決で雪辱を果たし、最後となる12回目の優勝を飾った。幕内通算成績706勝267敗115休。2003年引退。師匠の元横綱三重ノ海(1948― )の武蔵川親方の定年後に武蔵川を襲名。新しく武蔵川部屋をおこした(旧武蔵川部屋は2010年に藤島部屋と改称)。[徳増信哉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武蔵丸光洋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

武蔵丸光洋の関連情報

関連キーワード

マズロー阿賀野川水銀中毒事件周恩来シーゲル立木義浩寺村輝夫東松照明平岩弓枝ビーティーファスビンダー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation