@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

武蔵村山(市)【むさしむらやま】

日本大百科全書(ニッポニカ)

武蔵村山(市)
むさしむらやま

東京都北西部、狭山丘陵(さやまきゅうりょう)南西部にある市。1970年(昭和45)北多摩(きたたま)郡村山町が市制施行して武蔵村山市と改称。東村山市と同じように平安時代末から武蔵七党の一つ村山党の領域であったことが地名の由来。狭山丘陵の一部を除いて武蔵野台地が広く、空堀(からぼり)川、残堀(ざんぼり)川の谷が刻んでいる。江戸時代に青梅(おうめ)街道沿いに新田が開発され、長く農村地域で都市化は遅れた。1966年都営住宅として最大級の村山団地完成を機に人口が倍増、ベッドタウンに変貌した。三ツ木(みつぎ)周辺は村山大島紬(つむぎ)の産地で知られ、丘陵付近は狭山茶の特産地。ほかにホウレンソウやコマツナのハウス栽培や狭山丘陵南斜面でのみかん栽培が知られる。1962年南部に自動車工場が進出、関連企業も立地して都市化が進んだが、同自動車工場は経済状況の変化により2001年(平成13)3月末をもって自動車生産を中止した。周辺は精密機器等の工場があり、工業団地となっている。市の西側境界は米軍横田基地に接している。北部に野山北公園がある。面積15.32平方キロメートル、人口7万1229(2015)。

[沢田 清]

『『村山町史』(1968・村山町)』『『武蔵村山市史 資料編』全4巻(1999~2000・武蔵村山市)』『『武蔵村山の民具』全3巻(1997~1999・武蔵村山市)』『『武蔵村山の民俗』全4巻(1996~1999・武蔵村山市)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武蔵村山(市)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

武蔵村山(市)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation