@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

武雄温泉【たけおおんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

武雄温泉
たけおおんせん
佐賀県南西部,武雄市の蓬莱山麓にある温泉。古くから知られ,『肥前国風土記』に「柄崎の湯」と記されている。泉質はアルカリ性炭酸泉。泉温は 46~51℃。疲労回復,胃腸病などに効能があるとされる。観光地的色彩の強い温泉で,旅館数も多く,共同浴場を中心に温泉街が形成されている。温泉の入口には朱塗りの楼門があり,日本の温泉地としては特異な景観を呈し,新館とともに国の重要文化財に指定されている。近くに桜山公園御船山,御船ヶ丘梅林がある。西海国立公園への観光の中継地でもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

武雄温泉
佐賀県武雄市、蓬莱山南東麓にある温泉。「肥前国風土記」に記述のある温泉が当温泉といわれ、古い歴史を持つ。温泉場入口にある朱塗りの楼門が有名。楼門は大正時代初期に建てられた武雄温泉新館とともに国の重要文化財に指定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

武雄温泉
たけおおんせん

佐賀県南西部の武雄市にある温泉。蓬莱山(ほうらいざん)南東麓に位置し、泉質は単純温泉である。古くは柄崎温泉(つかざきおんせん)の名で知られる。内臓、神経系諸疾患などによいとされ、また肌を美しくする美人湯で親しまれる。温泉場入口の朱塗りの楼門(国指定重要文化財)は当温泉のシンボル。また、資料館となっている武雄温泉新館も国指定重要文化財。『肥前国風土記(ひぜんのくにふどき)』の杵島(きしま)郡の条に記される温泉は当温泉とされ、また、近世に長崎街道を東上したケンペルやシーボルトも紀行文に記している。桜やツツジ、有田(ありた)陶器市(いち)などの4、5月の季節に温泉客が多い。溝ノ上地区の保養村は、新しい泉源活用である。JR佐世保(させぼ)線武雄温泉駅下車、徒歩10分。

[川崎 茂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武雄温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

武雄温泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation