@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歩射【カチユミ】

デジタル大辞泉

かち‐ゆみ【歩射/徒弓】
徒歩でを射ること。また、その弓。歩射(ぶしゃ)。→騎射(うまゆみ)
「―のすぐれたる上手どもありければ」〈・若菜下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶ‐しゃ【歩射】
歩きながら弓を射ること。かちゆみ。⇔騎射
奉射(ぶしゃ)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かちゆみ【歩射】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶしゃ【歩射】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ほしゃ【歩射】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

歩射
ぶしゃ

本来は騎射(うまゆみ)に対する歩射(かちゆみ)、すなわち歩立(かちだち)で弓を射ることの総称であるが、一方でかなり早くから、神前で大的を射る奉射(ぶしゃ)と混用されている。前者は実質的には弓矢の発生とともに行われ、670年(天智天皇9)に始まるという朝廷の射礼(じゃらい)や弓場始(ゆばはじめ)なども含まれ、歩射の用語も早く『令義解(りょうのぎげ)』にみえる。また的によって大的、小的、草鹿(くさじし)、円物など多くの種類がある。後者はおもに正月に行われる神事で、年占(としうら)や魔除(まよ)けの意味をもつ。賀茂(かも)社や熱田(あつた)神宮などの神事は早くから著名であった。今日でも「びしゃ」「ほうしゃ」「ほしゃ」などともよんで全国各地に伝わっているが、本来の姿を失って、酒宴や会食だけにおもかげをとどめている所もある。

[宮崎隆旨]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶ‐しゃ【歩射】
〘名〙
① 歩きながら弓を射ること。かちゆみ。⇔騎射(きしゃ)
※実隆公記‐文明一六年(1484)正月一一日「自三栖庄武射饗、三及打竹等進上之
※武田射礼日記(1480)「歩射は根本、神社の礼として、酒饗を備へ、神事を成と見へたり、是偏に国家を治め、魔障を退くる祭礼なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歩射」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歩射の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation