@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歩道【ホドウ】

デジタル大辞泉

ほ‐どう〔‐ダウ〕【歩道】
人が歩くように車道と区別して設けた道。人道。「横断歩道」→車道
[補説]書名別項。→歩道

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほどう【歩道】[書名]
佐藤佐太郎の第1歌集。昭和15年(1940)刊。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほどう【歩道】
もっぱら歩行者が通行するための道路の部分をいい,道路と道路沿いの建物敷地とが接する部分,すなわち道路の両側または片側に設置される。歩道は,中央の車道から一段高くして舗装することが多いが,その理由は,段差をつけることによって車両の安易な乗入れを防ぎ,路面を流れる雨水から絶縁させて,歩行者の便宜に供するとともに,隣接する建物敷地への雨水の流入を防ぐなどの点があげられる。このような整備手法は,現在の日本では,道路法(1952公布)に基づく道路構造令によって規定されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほどう【歩道】
人の歩く道。人が歩くために車道と仕切って設けられた道。人道。 ⇔ 車道 横断-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

歩道
ほどう
footway
縁石(ふちいし)線、柵(さく)、その他これに類する工作物によって区画され、もっぱら歩行者の通行の用に供することを目的とする道路の部分をいう。その幅員は道路構造令(1970)第11条第3項で、歩道の幅員は2メートル以上、歩行者の多い道路では3.5メートル以上と定められている。道路構造令には歩道のほかに「自転車歩行者道」という「自転車及び歩行者の通行」のための道路の部分が別に定義されており、その幅員は3メートル以上、歩行者の多い道路では4メートル以上とされている。歩道は歩行者の通行を目的とする都市施設であるが、自転車歩行者道においては自転車の通行も認められる。さらに、舗装は交差点の多い道路では見通し距離を増大させて自動車走行の安全性を高める役割をもつ。交通安全施設等整備事業により、1965年度(昭和40)以降、第一次三か年計画から第六次五か年計画(途中で七か年計画に改定。1997~2003)まで6回にわたる計画が逐次策定され、歩道の整備拡充が図られてきた。[吉川和広・小林潔司]
 2003年(平成15)に制定された社会資本整備重点計画のなかで歩道整備の基本的な考え方が定められ、2009年に策定された社会基本整備重点計画に基づいて歩道整備が行われている。2000年に交通バリアフリー法が施行され、特定旅客施設と目的施設との間の経路を特定経路とし、重点的に道路と歩道の段差を緩和したり、歩道の平坦部を十分に確保することが求められた。さらに「特定経路」以外の一般の歩道にもバリアフリー化が進められている。道路交通法上、自転車は軽車両と位置づけられ、歩道と車道の区別があるところでは車道を通行するのが原則である。ただし、道路標識等により自転車の通行が許可されている歩道においては、通行すべき部分が指定されているときはその指定された部分を、指定されていない場合は歩道の中央から車道寄りの部分を徐行しながら通行しなければならない。自転車事故が増加するとともに、自転車が歩道を無秩序に通行している実態を踏まえ、2007年(平成19)6月14日に道路交通法の一部を改正する法律が制定され、自転車利用に対する規制が強化されている。[小林潔司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほ‐どう ‥ダウ【歩道】
〘名〙
① 人が歩行しやすいように切り開いた道。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「樹間の歩道には、中に一条の石片を敷く」
② 人の歩行の安全のため、道路を区切って人の歩くところと定めた部分。人道。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉上「一条の大道を割して中央を車道とし、両側を歩道とす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歩道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歩道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation