@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歯牙【しが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歯牙
しが
tooth germ
歯胚ともいう。歯の原基で,胎生6週頃に将来,歯ぐきになる部分の口腔上皮が肥厚し,乳の数だけ膨隆する。やがて杯状のエナメル器となり,内部に歯乳頭ができ,歯小嚢がそれを包む。その頃には永久歯の原基もできはじめる。増大した歯は石灰化期に入り,エナメル器からエナメル質が,歯乳頭から歯髄象牙質が,歯小嚢からセメント質歯根膜歯槽骨が発生する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し‐が【歯牙】
歯と牙(きば)。また、歯。
言葉。口先。
「暗殺攘夷の論は固(もと)より―に留るに足らず」〈福沢文明論之概略

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐が【歯牙】
〘名〙
① 歯と牙(きば)。また、単に歯。しげ。
※田氏家集(892頃)中・夏夜対渤海客同賦月華臨浄夜詩「昭察分糸髪、吟看置歯牙
※足利本論語抄(16C)述而第七「歯牙は落れども舌は残る如く、奢者はやがて死て倹なる者は残るなり」 〔春秋左伝‐隠公五年〕
② ことば。言説。口先。口の端。しげ。
※本朝文粋(1060頃)三・弁山水〈橘直幹〉「宣明決。莫歯牙
③ 植物の葉にみられる、鋸歯(きょし)。〔博物図教授法(1876‐77)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歯牙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歯牙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation