@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歯科保存学【しかほぞんがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歯科保存学
しかほぞんがく
conservative dentistry; operative dentistry
歯および歯周組織疾患対象として,を失わずに保存することを目的とする学問。歯内療法学,歯冠修復学,歯周病学に分けられているが,同時にこの三者を総合する分野でもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しかほぞんがく【歯科保存学】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

歯科保存学
しかほぞんがく

歯科の一分野で、歯および歯周組織の疾患が治療の対象となる。保存という名称が示すように、う蝕(しょく)(むし歯)や歯周病(歯槽膿漏(のうろう))にかかった歯を、抜去することなく残す治療方法を研究する学問である。歯科保存学は、保存修復学、歯内治療学、歯周治療学の三つに分かれている。

 保存修復学は、う蝕にかかって変質したエナメル質および象牙(ぞうげ)質を除去し、その欠損部を補填(ほてん)する操作、すなわち、歯の切削法、補填材料の性質等を研究するものである。歯内治療学は、う蝕、充填物その他の刺激によって炎症を生じた歯髄の摘出のほか、歯髄が壊死(えし)に陥り、炎症が根尖(こんせん)歯周組織に広がった場合、その原因となっている根管の処置等に関し、その術式ならびに材料、薬剤等について研究を行うものである。歯周治療学は、いわゆる歯槽膿漏の予防法と治療法を研究するもので、対象は歯を支えている歯周組織である。歯槽膿漏の原因といわれる歯垢(しこう)、歯石の歯面への付着のメカニズム、性状、除去法等を調べ、さらに歯と歯肉の間に形成される病的な溝(歯周ポケット)の成り立ち、除去法等をその研究対象とする。いずれにしても、う蝕、歯髄疾患および歯周疾患の三者は、それぞれが独立した疾患ではなく、相互に関連性をもつものであるため、それぞれの治療においては、つねに相関関係を考慮しなければならない。

[吉野英明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歯科保存学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歯科保存学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation