@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歯科衛生士【しかえいせいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歯科衛生士
しかえいせいし
歯科医師の指導もとに,および口腔疾患の予防のために歯石除去や薬物塗布を行い,また,歯科診療の補助介助をつとめる職種。そのほか,歯科保健指導や (口腔) 衛生啓蒙なども業務に含まれる。歯科衛生士になるには,歯科衛生士学校あるいは養成所を卒業し,歯科衛生士試験に合格して,都道府県知事免許を受けなければならない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しか‐えいせいし〔シクワヱイセイシ〕【歯科衛生士】
歯および口腔の病気の予防や衛生指導を、歯科医師の指導のもとに行う専門職

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しかえいせいし【歯科衛生士】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

歯科衛生士
しかえいせいし

歯科医師の補助者の一種。歯科疾患の予防から治療にわたる全般的な歯科補助者。歯周疾患の予防のための歯石除去(歯の露出面および正常歯肉の遊離縁下の歯石除去に限られる)を主任務とするが、そのほかに、歯みがきなどの口腔(こうくう)清掃法を主体とした患者の衛生指導、歯科保健指導、う蝕(しょく)(むし歯)予防のための薬剤塗布を行う。なお、日本では歯科診療の補助業務も行う。仕事はすべて歯科医師の直接の指導のもとに行うことが法律で定められている。歯科衛生士の養成は、20世紀の初頭、アメリカにおいて始められたもので、わが国でもこれに倣って、その養成を試みたが、社会的な位置づけがなかったために立ち消えとなっていった。しかし、1948年(昭和23)に歯科衛生士法が制定されるとともに、本格的な養成が行われるようになった。歯科衛生士になるには、高等学校卒業後、文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校または厚生労働大臣の指定した歯科衛生士養成所で2年以上の教育を受けたのち、厚生労働大臣が行う国家試験に合格し、免許を受けなければならない。このほか、外国の衛生士学校を卒業した者、もしくは外国で歯科衛生士免許を取得した者の場合は、厚生労働大臣の認可があれば国家試験を受けることができる。歯科医療の補助者としての歯科衛生士は、社会の歯科医療需要の増大にこたえ、歯科医療の経済性を高めるためにも、歯科技工士とともになくてはならない存在である。2004年(平成16)現在、歯科衛生士数は約8万人。歯科衛生士の資質の向上と、歯科衛生の普及のための全国組織として、日本歯科衛生士会がある。

[市丸展子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しか‐えいせいし シクヮヱイセイシ【歯科衛生士】
〘名〙 歯科衛生士法に規定された資格を有し、歯科医師の直接の指導のもとに、歯科診療の補助、むし歯・歯周病などの予防、歯みがきなど、歯科に関する衛生指導を行なう者。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歯科衛生士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歯科衛生士の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation