@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歯科補綴学【しかほてつがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歯科補綴学
しかほてつがく
prosthodontics; prosthetic dentistry
歯の実質欠損および喪失により生じる口腔の形態的,機能的変化を研究するとともに,欠損部を人工的に補充し,摂食,咀しゃく,発音などの機能,および形態的,審美的回復と維持をはかる学問。欠損の状態に応じた種々の補綴方法があり,全部床義歯学,部分床義歯学,歯冠補綴学,架工義歯学,顎補綴学などに分れる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しかほてつがく【歯科補綴学】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

歯科補綴学
しかほてつがく

臨床系歯科医学の一分野で、う蝕(しょく)(むし歯)や歯冠部の破折等による歯の大きな実質欠損、抜歯による歯の喪失、あるいは口腔顎顔面(こうくうがくがんめん)の外科処置による欠損に対して、適切な材料と方法を用いて形態学的および生理学的にこの欠損喪失を補い、そしゃく、発音などの機能、ならびに外観の回復を図り、健康を増進させるための理論と技術を考究する学問である。

 歯科補綴学は、冠・橋(きょう)義歯学、部分床(しょう)義歯学、および全部床義歯学の三つの分野に分かれている。冠・橋義歯学は金属や合成樹脂などの歯にかぶせる冠や、歯の欠損喪失部の橋義歯(ブリッジ)に関して考究する分科であり、部分床義歯学は比較的多数歯の欠損喪失に対して部分床義歯によって欠損部の形態と機能の回復を考究する分科である。全部床義歯学は上顎あるいは下顎のすべての歯を失った場合、全部床義歯を用いて形態と機能の回復を考究する分科である。さらに、外傷や腫瘍(しゅよう)による顎顔面領域の手術後の醜形に対する審美的要求や機能回復のための補綴処置も歯科補綴学に含まれる。

[澤田健次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歯科補綴学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歯科補綴学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation