@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歯舞【はぼまい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歯舞
はぼまい
北海道東部,根室半島南岸にある漁業集落。旧村名。 1959年根室市に編入。江戸時代からコンブ採取の基地として知られていたが,明治2 (1869) 年高田屋惣五郎が定住して,本格的にコンブ採取を開始して以来,来住者が増加して漁村が形成された。現在は漁港施設が整備され,コンブのほか,イカ,サケ,マスなどの沖合い漁業も行われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はぼまい【歯舞】
北海道根室市東部の地区。コンブ・ウニ・サケ漁が盛ん。第二次大戦時までは歯舞群島を含めて歯舞村をなした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

歯舞
はぼまい
北海道東部、根室市(ねむろし)の一地区。旧花咲(はなさき)郡歯舞村。1959年(昭和34)根室市に編入。旧歯舞村は第二次世界大戦終結時以来ソ連、次いでロシアが占拠している歯舞群島を含めて一村をなしていた。名称はアイヌ語アポマイ(流氷のある島の意)による。根室半島南東部の漁村で、歯舞港があり、コンブ、イカ、ウニなどの沿岸漁業のほかに、サケ、マスの沖合漁業も行われている。東約7キロメートルに、根室半島東端の納沙布(のさっぷ)岬があり、いわゆる「北方領土」が望める。[進藤賢一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はぼまい【歯舞】
北海道根室市東部の地区。コンブ・ウニ・サケ漁が盛ん。第二次大戦時までは歯舞諸島を含めて歯舞村をなした。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歯舞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歯舞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation