@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歯苔【したい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歯苔
したい
dental plaque
歯のエナメル質の表面,ことに清掃が不十分な部位に沈着する柔らかい有機物。歯垢(しこう),あるいはプラークともいう。その約 70%は口腔内に常在する微生物群で,その他は粘液,剥離上皮,食べかすなどである。微生物中のストレプトコッカス・ミュータンス(溶血性レンサ球菌の一つ)や乳酸桿菌などは,食物糖分から酸を生成してエナメル質の無機質を溶かすので,う蝕虫歯)が始る。また,頸部や歯肉縁下の歯苔は歯肉炎を起し,また歯苔をとして形成される歯石はそれをさらに悪化させ,辺縁性歯周炎誘因となる。歯を磨く目的の一つは,この歯苔を取除くことにある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歯苔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歯苔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation