@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歯車伝動装置【はぐるまでんどうそうち】

日本大百科全書(ニッポニカ)

歯車伝動装置
はぐるまでんどうそうち

歯車により動力を伝える装置。かみ合う歯車の歯数を適宜選ぶことにより、回転数を任意に変えることができる。伝動効率が高く、伝動比が正確で、耐久性にも優れ、寿命が長いなどの特徴があり、伝動装置、変速装置として広く利用されている。歯車を数枚組み合わせることにより二軸間の回転速度を変えながら動力の伝達が行える。自動車の動力伝達装置として使用されているトランスミッションは歯車伝動装置の代表例である。

[中山秀太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歯車伝動装置」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歯車伝動装置の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation