@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歯髄【しずい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歯髄
しずい
dental pulp
歯の内部には,象牙質に囲まれた歯髄腔という空洞がある。その中を満たしている軟組織髄という。俗に「神経」といわれる部分。歯髄細胞象牙芽細胞,円形細胞,膠原線維,神経,血管リンパ管などから成っている。神経,血管,リンパ管は歯根の先端にある根尖孔から出入している。神経のは,象牙芽細胞層を経て象牙質に入り,その表層に達している。う蝕 (虫歯) が進行して歯髄が侵されると,種々の歯髄炎を起し,激痛を感じる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し‐ずい【歯髄】
歯髄腔を満たしている線維性の結合組織。血管・リンパ管・神経に富み、歯の栄養をつかさどる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

歯髄
 歯の中心部の神経,血管,リンパ管を含む結合組織で,歯の生活反応を支配している.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しずい【歯髄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

歯髄
しずい

象牙質(ぞうげしつ)に囲まれた歯の中心部にある軟組織で、血管と神経に富む。歯髄は、象牙質形成と歯に加わる刺激を感受する機能をもっており、一般に「神経」とよばれる部分である。歯の治療の際の強い痛みは、歯髄の神経線維が刺激されて生じる。

[村井正昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐ずい【歯髄】
〘名〙 歯の内部にある空所(歯髄腔)を満たす、柔らかい結合組織。神経や血管が豊富に分布する。感覚が鋭敏で、俗に歯の神経という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歯髄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歯髄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation