@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歳幣【さいへい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

歳幣
さいへい
国家間の条約により、たとえば中国の(そう)が、遼(りょう)や金(きん)に毎年金品を贈ったような場合をいう。中国は中華思想による世界帝国をもって任じていたので、周囲の諸民族は朝貢の形式をとった。そして唐の制度文物を受けて民族的自覚を強めるに及んで国家体制を整えた。ことに契丹(きったん)(遼)は強盛となり、その助力によって936年建国した五代の後晋(こうしん)は臣礼をとり、代償として燕雲(えんうん)(北京(ペキン)と大同地方)十六州を割き、毎年、帛(はく)(絹織物)30万匹を贈ったが一時的であった。宋代には1004年の(せんえん)の盟によって、宋を兄、契丹を弟とし、宋は契丹に銀10万両、絹20万匹を贈った。また1044年契丹に入貢した西夏(せいか)が宋と和するのを条件に、宋は契丹に銀絹各10万を増し、西夏にも銀5万両、絹13万匹、茶3万斤を贈ることとした。その後、金が契丹(遼)にかわり、北宋を滅ぼして南宋になると、1142年秦檜(しんかい)による金との和議がなり、宋は臣礼をとるとともに、毎年銀絹各25万を贈った。1165年、叔父・甥(おい)の関係に改め、銀絹各20万に減じたが、1208年に伯父・甥の関係とするかわりに銀絹各30万に増し、モンゴルの勃興(ぼっこう)までこれが続いた。[青山定雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい‐へい【歳幣】
〘名〙 (「幣」は木綿や絹などの織物) 貢物として毎年贈る織物や金品などのこと。〔蘇軾‐富鄭公神道碑〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

歳幣
さいへい
中国王朝の周辺異民族に対する和親策の1つ。歳貢・歳賜ともいう
武力にすぐれた周辺諸国に対し,定額金品を贈る。高祖劉邦 (りゆうほう) が匈奴 (きようど) に与えたのが始まりで,宋代に最も盛んとなり,北宋 (りよう) ・西夏 (せいか) に対し,南宋は金に対し多額の歳を与えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歳幣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歳幣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation