@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

歴史【れきし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

歴史
れきし
人間および人間が属する自然の諸現象で過去に生起した事実,またそれらの事実に関する調査と記述をいう。中国では周代に重要な事件を竹簡などに記録する役人を史官といった。西洋では,ヒストリー historyという言葉が探究を意味するギリシアのイストリア istoriaから始ったように,過去の探究とその叙述とを意味する。同時にドイツ語のゲシヒテ Geschichteの本来の語義 geschehen (生起する) のように生起した事実そのものをも意味する。過去に生起した事実はすべての出来事であるが,そのすべての事実が歴史となるのではない。一定の関心,価値判断に基づいて選択された過去の事実が歴史を構成する。「歴史は書き換えられる」という言葉があるように,問題意識の違いに応じて,選択される過去の事実もその記述も異なってくる。その問題意識を規定するものは現在であり,その意味では「あらゆる歴史は現代の歴史である」 (B.クローチェ ) 。歴史の歴史,いわゆる史学史は古今東西の歴史叙述の問題意識のあり方を教えるが,よく知られる分類として,物語的歴史,宗教的歴史,教訓的歴史,発展的歴史がある。ギリシアのヘロドトスの『歴史』,中国の司馬遷の『史記』,日本の『古事記』などはいずれも最初の「書かれた歴史」とみなされるが,それらの歴史記述を支えた歴史意識は,固有の歴史的現実のなかで生れ,それに規定されたものであった。そこには選択された事実に対して解釈と説明が必然的に加わるが,偶然的で,混沌としてみえる無限の事実の群れのなかから意味ある事実を選びとる以上,なんらかの普遍的原理に依拠しなければならないからである。この歴史理論を自覚的に構築し,研究方法を錬磨して科学としての歴史学に発展させる努力が 19世紀に開花する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

れき‐し【歴史】
人間社会が経てきた変遷・発展の経過。また、その記録。「日本の歴史」「歴史上の事件」「歴史に残る」「歴史をひもとく」
ある事物・物事の現在まで進展・変化してきた過程。「菓子の歴史」「歴史のある店」
歴史学」の略。
[補説]書名別項。→歴史
[補説] 
2017年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2017」キャンペーンでの「歴史」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆「if」が無いことを踏まえた上で、「if」を想像すると楽しいもの。
猪鹿ソーセージさん

◆勝者の記憶。あるいは勝者に都合の良い「事実」になっている話。
櫻月さん

◆様々な人間の、生きざまと死にざま。
一二三茶さん

◆連綿と繋がって途切れない時間の堆積。
吉岡景子さん

◆くり返されるもの。その大部分は失態。
水酸化ナトリウムさん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れきし【歴史】[書名]
《原題、〈ギリシャ〉Historiaiヘロドトス著の歴史書。全9巻。紀元前425年以前に成立。ペルシア戦争を中心にした物語的歴史記述の典型。ペルシア戦争史。
《原題、〈ギリシャ〉Historiaiツキディデス著の歴史書。8巻。成立年未詳。未完に終わったが、科学的な史料批判などにより最初の完全な歴史書とされる。ペロポネソス戦争史。→ペロポネソス戦争
《原題、〈ギリシャ〉Historiaiポリビオス著の歴史書。全40巻。成立年未詳。ローマの発展を中心に記述し、国家の政治形態は循環するという、政体循環史観が示されている。
《原題、〈イタリア〉La Storiaモランテの小説。1974年刊行。第二次大戦中の、ナチス占領下のイタリアを舞台とする長編の歴史小説。邦題は「イーダの長い夜」ともする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れきし【歴史】
歴史を表すhistoryという語は,historia(探究)というギリシア語由来している。歴史が単に人間世界で生起する諸事件の連続や総和なのではなく,その諸事件の意味連関を探究する人間の作業でもあるということを,その語の由来が示している。ドイツ語では,その前者をGeschichte,後者Historieと別の言葉で表示している。本項では,歴史意識や歴史叙述のあり方をいくつかの地域に即して概観するが,近代以後の歴史学については別項歴史学〉をあわせて参照されたい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

れきし【歴史 Historiai】
古代ギリシアの歴史家ヘロドトスの著作。イオニア方言で書かれ,冒頭には,ギリシア人とバルバロイ(非ギリシア人)によってなしとげられた驚くべき事跡が時とともに忘れ去られることがないようにこれを書き記す,ということが著者自身の名において宣言されている。後にアレクサンドリアの学者によって9巻(各巻に9人の技芸の女神たちムーサイの名が与えられている)に分けられた。第1巻は東西抗争の原因についてのギリシア側とペルシア側の主張の対立(神話解釈の対立)からはじめ,実際に小アジアのギリシア人の独立を奪って不正を働いた第一人者としてリュディアクロイソスをあげ,リュディアに代わってアケメネス朝ペルシアが小アジアのギリシア諸市を征服するに至った過程を明らかにしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

れきし【歴史】
人間社会が時間の経過とともに移り変わってきた過程と、その中での出来事。また、それをある秩序・観点のもとにまとめた記録・文書。 -に残る大事件 -上の人物
ある事物が今日まで経過してきた変化の跡。経歴。来歴。 歌舞伎の-
「歴史学」の略。
[句項目] 歴史は繰り返す

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れき‐し【歴史】
[1] 〘名〙
① 過去の人間生活に起こった事象の変遷・発展の経過。また、その、ある観点から秩序づけられた記述。
※談義本・艷道通鑑(1715)一「歴史(レキシ)につまびらかなり」
② ある事物の進展・変化してきた過程。
※破戒(1906)〈島崎藤村〉一一「嫁ぐ迄の其二人の歴史を想像して見た」
※輿地誌略(1826)一「其学四道、曰理学、曰数学、曰歴史」 〔皮錫瑞‐経学通論序〕
④ 学校における歴史教育を内容とする科目。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一「歴史と作文と地理と悪戯が大好きだった」
[2]
[一] (原題Historiai) 史書。ヘロドトス著。全九巻。紀元前四四五年ごろ成立。ペルシア戦争を中心に、ギリシアとアジアの異邦との抗争、東方諸国の歴史などを、豊富な説話を集大成しつつ、きわめて正確に叙述したもの。現存のギリシアの最古の歴史書。
[二] (原題Historiai) 史書。ツキディデス著。八巻。紀元前四一一年ごろまで書かれたが未完。ソクラテスと同時代の著者が、ペロポネソス戦争の開戦当初から戦いの経過と背景をなすアテナイの政情について、克明に記述したもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歴史」の用語解説はコトバンクが提供しています。

歴史の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation