@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

死の本能【しのほんのう】

世界大百科事典 第2版

しのほんのう【死の本能 Todestriebe[ドイツ]】
S.フロイトの用語。正確には〈死の衝動〉ないし〈死の欲動〉。フロイトの本能論は,本能の内容は理論的展開とともに変わっていったが,つねに二つのものを対立させる二元論である点は変わらなかった。〈死の本能〉は,フロイトがその最後の本能論において,〈生の本能(生の衝動,生の欲動)〉と対立させて提唱した概念である。〈死の本能〉は,一応は陰性治療反応,罪悪感,マゾヒズムなどの現象を説明するために考えられた。その理論的根拠は,生物のもつすべての本能のめざすところは緊張を解消し,過去の安定状態を再現することであり,生物は無生物から生じ,かつては無生物であったのだから,すべての生物には,かつての無生物の状態,すなわち死へと向かう基本的傾向があるというもので,いかにも思弁的に過ぎ,後継者たちのあいだで承認しない者も多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

死の本能」の用語解説はコトバンクが提供しています。

死の本能の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation