@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

死の舞踏【しのぶとう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

死の舞踏(ストリンドベリの戯曲)
しのぶとう
Ddsdansen
スウェーデンの作家ストリンドベリの戯曲。2部7幕。1901年刊。第1部は灰色の塔の中。世間ではこの塔のある島を「小さな地獄」とよんでいる。要塞(ようさい)砲兵大尉エドガールは妻の元女優アリセ(ストリンドベリの最初の妻シリ・フォン・エッセンがモデルといわれる)と憎しみ合い、別れる機会をうかがいながら25年を過ごしている。我欲のかたまりで、冷血漢のエドガールは、訪ねてきた検疫所長クルトに怪しげなソーダ会社の株を押し付けたり、彼の息子アランを思いのままに操りながら、2人を物心両面でさいなむ。第2部はうって変わって明るい白色、金色の広間。アランとエドガールの娘ユーディットのあどけない恋の場面もある。現世的な物欲の面では満ち足りたかにみえるエドガールは心臓発作で倒れ、聖書の一句をつぶやきながら死ぬ。アリセの「亡き人の上に平安を」のことばで幕を閉じる。ストリンドベリの忍従、宗教的諦念(ていねん)への新しい境地、象徴的手法を示す戯曲の一つとして注目される。[田中三千夫]
『山本有三訳『死の舞踏』(創元文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

死の舞踏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

死の舞踏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation