@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

死人【シニン】

デジタル大辞泉

し‐にん【死人】
死んだ人。しびと。死者

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐びと【死人】
死んだ人。死者。しにん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しに‐びと【死人】
〘名〙 死んだ人。死者。しにん。しびと。
※書紀(720)皇極元年五月(北野本訓)「死亡者(シニヒト)有るときは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐にん【死人】
〘名〙
① 死んだ人。死んでいる人。死者。しびと。
※万葉(8C後)二・二二〇・題詞「讚岐狭岑嶋視石中死人柿本朝臣人麻呂作歌一首」 〔詩経‐小雅・小弁〕
② 眠ってばかりいて、ろくに床のサービスをしない遊女の異称。
※雑俳・柳多留‐七七(1823)「死人を抱て香奠を弐朱とられ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐びと【死人】
〘名〙
① 死んだ人。死者。しにん。
※太平記(14C後)三「堀の中に多く討れて臥たる死人(シビト)を二、三十人穴の中に取入て」
② 人をののしっていう語。
※浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)三「ヤア小癪な死人(しびと)めら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐ぶと【死人】
〘名〙 「しびと(死人)」の変化した語。
※かた言(1650)三「死人をしぶとといふはわろし、しびととはよし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

死人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

死人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation