@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

死体保存【したいほぞん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

死体保存
したいほぞん
死者との接触を永久的なものとするために,死体ミイラにする方法。各地でみられるが,特に古代エジプトでは,死体に香油を塗ることにより不死が達成されると信じられ,王をミイラにして保存することが広く行われた。オーストラリアのいくつかの民族では,死者のミイラをたずさえて移動し,夕方には野営地の火のそばにミイラを置き,全員で歓談する。また,ニューギニア,アメリカのいくつかの民族では,死体を火で乾燥させ,ミイラをつくる。完成後,座椅子やはしごにすわらせ,村落を見渡せるや山の洞穴などに安置する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

死体保存」の用語解説はコトバンクが提供しています。

死体保存の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation