@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

死罪【しざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

死罪
しざい
(1) 古代に規定された死刑に相当する罪または死そのもののこと。五刑 (,流,死) の一つ。の2種があり,斬にあたる罪としては謀反,悪逆,外祖父母,夫,夫の父母謀殺,本主,本国守殺など,絞にあたる罪としては謀大逆,謀反,妻殺などである。 (2) 江戸時代,庶人に科せられた刑罰の一つ。『公事方御定書』には,首を刎ね,死骸を取捨て,様斬 (ためしぎり) にするとある。つまり,打首 (斬首) のことで,これに処せられると,田畑,家屋敷,家財闕所となったが,引廻は付加されるときとされないときがあった。死罪は 10両以上の窃盗辻斬,密通などに対して科せられ,処刑は牢屋敷内の切場 (きりば。俗に土壇場ともいう) で行われた。ただし,島抜けについてはその島で行なった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し‐ざい【死罪】
最も重い刑罰として、罪を犯した者の生命を絶つこと。
手紙や上表文の末尾に添える語。非礼の罪をわびる気持ちを表す。「死罪死罪」「頓首死罪」などの形で用いる。
江戸時代の刑罰の一。斬首(ざんしゅ)の刑に処して、死体は試し斬(ぎ)りの用に供され、財産も没収された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しざい【死罪】
最も重い刑罰である生命刑の総称。また,死に相当する罪をいう。日本古代における死刑は,すでに《隋書》倭国伝中に殺人,強盗,姦の罪に対して科されたことが見えるが,律令制度の死罪は大辟(だいびやく∥たいへき)罪ともいい絞,斬の2種があり,斬は絞より1等重いとする。絞は受刑者を棒に縛し,2本ので首を挟み,その綱の左右を2人の執行人が絞り上げて窒息死させる。斬はで首を切り落とすものである。死刑の執行には天皇勅裁を必要とし,かつその奏上は原則として3度行う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しざい【死罪】
死刑に相当する犯罪。
犯罪者の生命を絶つ刑罰。律令制では絞首と斬首の二種があった。現行刑法では死刑という。
江戸時代、「公事方くじかた御定書 」に規定された七種の死刑の一。斬首ののち、死骸は試し斬りにされ、闕所けつしよの刑が付加された。
死に相当する失礼をわびる意で、書簡文・上表文などの末尾に書く語。 頓首-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

死罪
しざい
江戸幕府法上の主として庶民に科せられた死刑の一種。下手人(げしゅにん)と同様、江戸では小伝馬町の牢屋(ろうや)の中の切場(俗に土壇場(どたんば)という)で斬首(ざんしゅ)する刑をいう。下手人は殺人だけに科せられるが、死罪は殺人以外の犯罪にも科せられる。殺人については、下手人が利欲にかかわらない喧嘩(けんか)口論などによる殺人に科せられたのに対し、死罪は利欲にかかわる殺人に科せられた。したがって、死罪のほうが下手人より重いとされ、下手人と異なり、死屍(しし)が様斬(ためしぎり)にされ、犯人の家屋敷・家財も没収され、情状の重い者には引廻(ひきまわ)しが付加されることがあった。[石井良助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐ざい【死罪】
〘名〙
① 最も重い刑罰としての生命刑の総称。また、死に相当する犯罪。罪人の生命を絶つ刑罰。死刑に処せられるべき犯罪。奈良時代の律では、絞・斬の二種があった。→死刑①。
※続日本紀‐慶雲二年(705)八月戊午「百姓飢荒、或陥罪網、冝赦天下、与民更新。死罪已下、罪無軽重、咸赦除之
※平家(13C前)二「保元までは君廿五代の間おこなはれざりし死罪をはじめてとりおこなひ」 〔墨子‐非攻上〕
② 江戸時代、御定書(おさだめがき)に規定された生命刑六種の一つ。斬首刑で、その死骸を試斬(ためしぎり)にされるもの。闕所(けっしょ)の刑が付加された。生命刑として、他に、鋸挽(のこぎりびき)、磔、獄門、火罪、下手人(げしゅにん)があるが、下手人より重く、火罪よりは軽い。→死刑①。
※仮名草子・竹斎(1621‐23)上「今此事を頼みし人、もしも洩れ聞き候はば、しざいに逢はんは必定なり」
③ 手紙や上表文などの冒頭や終わりに書く語。死に相当するの意で、失礼をわびる気持を表わし、「死罪死罪」の形で用いる。
※万葉(8C後)一七・三九七三・題詞「昨日述短懐今朝汙耳目、更承賜書且奉不次死罪死罪」 〔曹植‐上責躬応詔詩表〕
④ (③から) 謝罪の気持を表わす御免をきどっていう語。
※大坂繁花風土記(1814)学者ぶって誠は粋がる詞「御免御免を、死罪死罪」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

死罪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

死罪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation