@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

死角【シカク】

デジタル大辞泉

し‐かく【死角】
銃砲の射程距離中にありながら、障害物や銃砲の構造上の理由などのため、射撃できない範囲。
ある角度からはどうしても見えない範囲。「バックミラーの死角に入る」
身近にありながら、気がつかない事柄。「行政の死角

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐かく【死角】
〘名〙
① 銃砲などで撃てる距離でありながら、障害物や、その銃砲の構造上の理由などで照準を合わせることのできない範囲、角度。〔五国対照兵語字書(1881)〕
② ある角度からはどうしても見られない範囲。
※肉体の悪魔(1947)〈田村泰次郎〉「岩と岩との間の死角に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

死角」の用語解説はコトバンクが提供しています。

死角の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation