@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

残滓【ザンシ】

デジタル大辞泉

ざん‐し【残×滓】
慣用読みで「ざんさい」とも》残りかす。「封建思想の残滓

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざん‐さい【残×滓】
ざんし(残滓)」の慣用読み。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ざんさい【残滓】
「ざんし(残滓)」の慣用読み。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざんし【残滓】
ざんさいは慣用読み
容器などの底に残っているかす。残りかす。 旧体制の-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざん‐さい【残滓】
〘名〙 (「さい」は「滓」の慣用音) =ざんし(残滓)
※新版大東京案内(1929)〈今和次郎〉生活の東京「残滓(ザンサイ)塵芥を投入する『ダストシュウト』まで備ってゐる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざん‐し【残滓】
〘名〙 あとにのこったかす。のこりかす。ざんさい。〔稿本化学語彙(1900)〕
※戯作三昧(1917)〈芥川龍之介〉一五「ここにこそ『人生』は、あらゆるその残滓を洗って、まるで新しい鉱石のやうに、美しく作者の前に、輝いてゐるではないか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のこり‐かす【残滓】
〘名〙
① 食べたあとに残るかす。食べ残し。
② 一般に、用に供されたあとに残る価値のないもの。のこりくず。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

残滓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

残滓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation