@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

残照【ザンショウ】

デジタル大辞泉

ざん‐しょう〔‐セウ〕【残照】
日が沈んでからも雲などにり映えて残っている光。夕日の光。残光
[補説]作品名別項。→残照

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざんしょう【残照】[絵画]
日本画家、東山魁夷の作品。昭和22年(1947)、第3回日展に出品して特選受賞東山出世作となった。東京国立近代美術館蔵。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

残照
北方謙三の長編ハードボイルド小説。1990年刊行。「ブラディ・ドール」シリーズの第7作。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざん‐しょう ‥セウ【残照】
〘名〙
① 日が沈んだ後もなお照り残っている、入り日の光。夕日。夕焼け。
※再昌草‐永正四年(1507)九月九日「残照竹籬香露匂、重陽便是菊叢春」 〔孟浩然‐東斉詩〕
② 比喩的に、過ぎ去った物事の影響としてなお残っているもの。
※古典と現代文学(1955)〈山本健吉〉柿本人麻呂「高市皇子尊の死をうたった挽歌などに英雄叙事詩の残照が生きているのだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

残照」の用語解説はコトバンクが提供しています。

残照の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation